マツダ、デイトナで初ポール獲得も無念の2台リタイア。「今回のトラブルはテストでも未経験だった」

 26年ぶりにデイトナのトラックレコードを更新してポールポジションを獲得し、初優勝が期待されたマツダチーム・ヨーストだが、24時間にわたる決勝では77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス/ティモ・ベルンハルト/レネ・ラスト組)がメカニカルトラブルによりリタイア。55号車マツダRT24-P(ジョナサン・ボマリート/オリビエ・プラ/ハリー・ティンクネル組)もアクシデントよって完走を果たすことができなかった。

 マツダが参戦しているIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの開幕戦、第57回ロレックス・デイトナ24時間は26日14時35分(日本時間27日4時35分)にスタートが切られ、レース序盤はポールシッターのジャービス駆る77号車マツダが全47台の隊列をリードしていく。

 その後は周回遅れに詰まる間にライバルにオーバーテイクを許すなど総合3番手に落ちた77号車だったが、スタートから3時間後にはジャービスから交代したDTM王者のラストが首位に返り咲く。

 そんな77号車はレースが進むなかでライバルたちと順位を入れ替えながらも、つねにトップ集団に加わり続ける。それはラストからヌネス、ヌネスからベルンハルトに代わっても変わらなかった。

 しかし、レースの4分の1を経過した頃、首位と数秒差の3番手を走行していたベルンハルトがランオフエリアでストップ。マシン後部のエキゾーストパイプから炎をあげている姿がモニターに映し出された。

 77号車はその後、牽引されてガレージに帰還するも、点検の結果レース続行は不効能と判断された。リタイアの理由はターボトラブルとされている。

「クルマはとても速く、チームも力強くレースを戦っていたのに突然動けなくなってしまった。本当に残念だよ」と語るのは当時ドライブしていたベルンハルトだ。

「今回(の結果は)はとても悔しい。しかし、僕らはこれからも挑戦を続けていく」と語った。

 また、予選で圧巻の走りをみせたジャービスは「予選ではクルマのセットアップが完璧で、コースコンデイションも万全、良い条件が揃っていた。しかし、それは偶然ではなく、チームが数カ月の間に積み上げたものがパーフェクトだったからできたものだ」とコメント。

「特にテストやオーバーホールの繰り返しで、本当に身を粉にして働いてくれたメカニックやエンジニアのために、なんとか(決勝も)良い結果で報いたいと思ったのだけど、それができなかったのが心残りだよ」

■トラブルの修復後、リードラップ復帰目前だった55号車マツダにも試練が……

マツダチーム・ヨーストが走らせる2台のマツダRT24-P
マツダチーム・ヨーストが走らせる2台のマツダRT24-P
祈祷木札が備えられたマツダRT24-Pのコクピット
祈祷木札が備えられたマツダRT24-Pのコクピット
26年ぶりにレコードタイムを更新してポールポジションを獲得した77号車マツダRT24-P
26年ぶりにレコードタイムを更新してポールポジションを獲得した77号車マツダRT24-P

 一方、4番手グリッドから決勝に臨んだ55号車マツダも、レース序盤は僚友とともに上位を走行する。しかし、77号車がストップする直前のスタートから6時間40分経過時に突然スロー走行となり、そのままガレージイン。

 チームは燃料リークが原因だったこのトラブルに迅速に対応し、55号車を戦線に復帰させるが、この時点でトップとは3周遅れとなってしまった。

 それでも55号車のドライバー陣は諦めることなく挽回を図り、最大3周遅れだったギャップを1周と30秒にまで減らすとともに、順位は5番手まで戻すことに成功する。次にセーフティカーが導入されれば、リードラップ(トップと同一周回)への復帰もみえていたが、27日の明け方4時過ぎ、不運にもアクシデントに巻き込まれてしまう。

 コース幅が狭くなるインフィールドセクションでGTクラスのマシンと接触、スピンを喫した55号車は、左リヤの足回りを壊してグラベル上にストップしてしまう。

 その後回収され、ピットにガレージに戻され55号車だったが、リヤに想像以上のダメージを受けていたことからチームはリタイアを決断。ここでマツダチーム・ヨーストにとって2回目のデイトナ24時間が終了することとなった。

「まず、今月はマツダモータースポーツにとって大きなマイルストーンになった月だと言えるだろう」と語るのはマツダモータースポーツの指揮を執るジョン・ドゥーナン代表。

「テストデーでもそうだったが、(我々は)みんなが驚くタイムを記録し、それが本物であることを今週の予選でも示すことができた。また、24時間レースの序盤は実際にレースをリードすることができたんだ」

 しかし、結果はチームの望むものにはならず。トラブルについて、ドゥーナンはこれまでに起きていないものだと説明している。

「(長丁場のレースに向けた)準備は万全だと思っていたのだが、またしてもデイトナの試練に直面し、完走と究極の目標である総合優勝の両方を逃してしまった」

「今回のレースで起きたトラブルは、2018年シーズンと今季のオフシーズンテストでも起きていなかったものだよ」

「55号車のリタイアを決めた後、(シャシービルダーの)マルチマチックと(エンジン開発担当の)AER、そしてチーム・ヨーストを含めたチーム全体を集め、次戦セブリング12時間までに何ができるか、それぞれのアイデアを持ち寄ってミーティングをした」

「もちろんこの伝統的な12時間レースでも、優勝するのが目標だよ! さらに耐久テストとデータ蓄積を重ね、マツダRT24-Pのパッケージがデイトナ24時間をフルに戦い、優勝できるポテンシャルがあることを確かなものにしたいと思っているんだ」

 マツダが挑むIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの次戦、第2戦セブリング12時間レースは3月13~16日、アメリカ・フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェインで開催される。

予選首位、同4番手から24時間の決勝レースをスタートしたマツダチーム・ヨーストのマツダRT24-P
予選首位、同4番手から24時間の決勝レースをスタートしたマツダチーム・ヨーストのマツダRT24-P
ガレージで修復作業を受ける55号車マツダRT24-P
ガレージで修復作業を受ける55号車マツダRT24-P
マツダチーム・ヨーストの55号車マツダRT24-P
マツダチーム・ヨーストの55号車マツダRT24-P