新型「アウディRS 4 アバント」日本導入! 高性能・高燃費を実現。

新型「アウディRS 4 アバント」日本導入! 高性能・高燃費を実現。

Audi RS 4 Avant

アウディRS 4 アバント

新開発2.9リッターV6 ツインターボを搭載。

アウディ ジャパンは、ステーションワゴンモデルのアバントをベースに、スポーツ性能と高級感を高めたA4シリーズのトップモデル「RS 4アバント」 のフルモデルチェンジ版を日本に導入することを発表した。「RS 4アバント」は、R8やRS 6など、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点である「アウディ・スポーツGmbH」が手がけた、A4シリーズの頂点に位置するスポーツワゴンである。

パワートレインは最高出力331kW(450ps)、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9リッターV6 ツインターボエンジンを搭載。従来型の4.2リッターV8 DOHCと比較し、最高出力は同じながらも最大トルクは170Nmのアップを果たしている。

8 速ティプトロニック トランスミッションと「quattro(クワトロ)フルタイム4WDシステム」を組み合わせ、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備。ビッグパワーを余すことなく路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現した。

ステーションワゴンながら0-100km/h加速4.1秒という高速性能を誇りながら、アウディ独自のエンジン燃焼方式である「Bサイクル」を採用したことで、燃費は11.2km/リットル(JC08モード)と従来型よりも大幅に減少しているのも特徴だ。

 

「90クワトロ IMSA GTO」からインスピレーション。

今回、「RS 4アバント」のエクステリアは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせた「90クワトロ IMSA GTO」からインスピレーションを得てデザインされた。

RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用したことで、スポーティさを強調。伝説のラリーカー「クワトロ」を彷彿とさせるブリスターフェンダーも「RS 4アバント」の特徴で、標準モデルから全幅は25mm拡大してる。

 

様々な情報を表示する「アウディ バーチャル コックピット」。

インテリアは水平基調のデザインとなり、ファインナッパレザーの「Sスポーツシート」をはじめ、フラットボトムの「RS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール」、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを採用した。

メーターパネルには、12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できる「アウディバーチャルコックピット」を標準装備する。

「Audi connect」は、インターネットと常時接続することで、ニュース、天気予報、駐車場検索、空港のフライトインフォメーション、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示するなど、最新の情報を提供。また、24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能なコンシェルジュサービスである「Audi connect Navigator」も利用できる。

「アウディプレセンスシティ」(歩行者検知機能付自動ブレーキ)をはじめとする、数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも標準で搭載した。

【車両本体価格】

アウディRS 4 アバント:1196万円(税込)
 

【問い合わせ】
アウディコミュニケーションセンター

TEL  0120-598-106
https://www.audi.co.jp/