「出る」から「観る」へ。元・BREEZEの森脇亜紗紀さんが観た、東京オートサロン【東京オートサロン2019】

●「新鮮で楽しい~!」元スバルRQ・森脇亜紗紀さんが気になった場所は?

元BREEZEのレースクイーンにして、現在はモデル・タレントして活躍中の森脇亜紗紀さんが、東京オートサロンで話題の場所を見に行ってきました。

まずは、やはり古巣?のSUBARUブース。SUPER GTのレースクイーン「SUBARU BRZ GT GALS BREEZE」は東京オートサロンで発表されることが恒例となっていますが、今年は3名が発表され、3月に最後の4人目が発表されるというサプライズ演出が行なわれました。ちなみに、2019年シーズンのコスチュームを一番最初に発表したチームとなりました。

森脇亜紗紀さんは、2016年と2017年のBREEZEで活躍した、いわば「先輩」レースクイーン。今回3名しか発表されなかったBREEZEの新メンバーと一緒に撮影した写真は、未だ発表されていない「4人目」としてBREEZE公式ツイッターでもネタとして取り上げて頂き、大反響となりました。

現在発表されている今年のBREEZEのうち3名を改めてご紹介。

左から「江藤 菜摘」さん。

数々のコンテストでグランプリとなっている、グラビアもやるレースクイーン。レース以外で見る機会も多そうです。

中央は「あやき いく」さん

2017、2018とレースクイーンを務めており、お馴染みの方も多いはず。BREEZEとなったことで更にファンが増えることでしょう。

右は「津田 知美」さん

レースクイーンになるために九州から上京、念願のスーパーGTのレースクイーンを務めることになりました。とにかく笑顔が印象的な彼女。勝利の女神となってくれることでしょう。

新BREEZEと顔合わせの次は、SUBARUブースの関係者と新年のご挨拶。「気になっていた」というSTIからリリースされる新グッズを見せてもらいましたが、つま先に静荷重1トンのJIS規格の鋼が入ったセイフティーラバーブーツに注目。「ピンクのラインがかわいいですね」とコメント頂きましたが、これは森脇さんには、必要ないですね(笑)

SUBARUブースのスタッフやファンから声をかけられながらBREEZEのステージを見に行きましたが、大人気のため近づけず遠目から拝見。SUBARUのステージに立っていた立場から、ステージを「観る」立場になりましたが、写真を撮りまくるなど、ファン目線で楽しんでいたようです。

さらに、この日はレースクイーン大賞の発表の日。緊張感漂うステージを見ていましたが、今回のグランプリは一緒にARTAのレースクイーンを務めていた「林紗久羅さん」が受賞。森脇亜紗紀さんは、感動して近くにいたファンと一緒に喜びを分かち合っていました。

レースクイーン大賞グランプリを受賞すると取材などで時間が取れないのですが、一瞬のチャンスに期待して舞台裏で待機。「林紗久羅さんにお祝いを言いたい」という想いが通じたのか、直接会うチャンスに恵まれました。ナンバーワンレースクイーンとなった林紗久羅さん、今年はレースクイーンを盛り上げる立場で頑張って欲しいと思います。

その後は、レースクイーン仲間だった友達に会いたいとブースをめぐりました。過去最高の入場者数を記録した事もあり歩くのも困難でしたが、それでも坂本くるみさんと宮越愛恵さんに会うことができ、再会を喜んでいました。

会場の人混みを避けつつ、ちょっと小腹が空いた時間になり、森脇亜紗紀さんが行きたいと言っていた「東京ミートサロン」へ。

会場の中からも外からも行ける場所に、肉好き芸人「ダチョウ倶楽部・寺門ジモン」さんが厳選した肉料理の名店が出展。どのお店も美味しそうでしたが、手軽に食べられるメンチカツをチョイス。一口食べると、中からじゅわ~っと肉汁が飛び出てジューシー! この日はあいにくの雨で寒かったですが、それでもメンチカツを求めるお客様で長蛇の列が出来ていました。寒い中で、熱々のメンチカツを食べるのも乙なものですね。

森脇亜紗紀さんはデビューしてすぐに東京オートサロンイメージガールAクラスに抜擢され、Aクラスで2年、レースクイーンとして2年、キャンギャルとして1年、オートサロンに出演していましたが、今回は出演する立場ではなく観る立場で初めて行く東京オートサロンを、「新鮮で楽しい~!」と喜んでいました。

東京ミートサロンなど、クルマ以外の楽しみ広がりつつある東京オートサロン、来年の開催も楽しみです。東京オートサロンが終わったばかりですが(笑)

(sin)