17年ぶりに復活するトヨタ「スープラ」。動画では熱い走りも披露!

●熱い走りを披露。新型スープラのプロモーション動画も必見!

トヨタ自動車が1月14日、米デトロイトモーターショー2019でワールドプレミアした新型「スープラ」。

TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルで、同社が独ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦を通じて蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、「GR Supra」として新たに誕生しました。

2002年に生産終了後、5代目として17年ぶりに復活する新型「スープラ」は、欧州のカントリーロードやアウトバーン、北欧の氷雪路、米国のハイウェイ、日本のワインディングロードなど、世界中のあらゆる道で鍛えることで、ドライバーがクルマと一体となって運転する楽しさを感じられる1台に仕上がっているといいます。

2シーターに割り切ることで「86」よりも100mm短いホイールベース2,470mmを実現するとともに、前後重量バランスについても理想とされる50:50の配分を達成しています。

アルミニウム+鉄による骨格構造を採用。接合強度の追求により「86」の約2.5倍と、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用したレクサス「LFA」をも上回わるボディ剛性を実現しているそうです。

340ps/500Nm(0‐100km/h:4.3秒)を発生する3.0リッター直6ツインスクロールターボエンジンのほかに、チューニングの異なる2種類の2.0リッター直4ターボエンジンをラインナップ。258ps/400Nm仕様(0‐100km/h:5.2秒)と、197ps/320Nm仕様(0‐100km/h:6.5秒)が用意されています。

フロントサスペンションはダブルジョイント スプリング ストラット、リヤにはマルチリンクを採用。

そんな同車の走りを予感させる動画が公開されています。

今回、新型BMW Z4と事実上の兄弟車となった新型「スープラ」ですが、車体寸法やエンジン搭載位置等を決定するまでは両社が共同で行ない、それ以降の開発は各々で独自に行なわれたそうです。

今春と予想される新型「スープラ」(400万円台〜?)の国内発売が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)