欧州代表のミニバン「エスパス」の改良型はルノースポール製エンジンで性能アップ

ルノーのミニバン「エスパス」改良新型を初めてカメラが捉えました。エクステリア・デザインのほか、パワーユニットも一新されます。

「エスパス」は、1984年の初代から1997年の3代目までマトラ・オートモビルと共同開発されていましたが、2003年に発売された4代目以降はルノーの自社開発生産となりました。日本と異なり商用車的イメージがまだある欧州において、乗用車として認識されている数少ないミニバンと言えます。

北欧で捉えた開発車両は、ボディ前後がカモフラージュされています。変わるのは、ヘッドライト、フロントグリル、コーナーエアインテークを含むバンパー、テールライトのグラフィックやバンパーがメインとなります。

現行モデルのパワートレインには、ルノースポール製1.8リットル直列4気筒「TCe225」ガソリンエンジンが搭載されており最高出力225psを発揮します。これは、最高出力252psを発揮する「アルピーヌA110」のエンジンをデチューンしたものですが、改良型では馬力アップが期待できそうです。また最高出力160psと200psを発揮する新開発2.0リットルディーゼルエンジンが新たに設定される予定です。

その他装備などでは、ホイールオプション、ソフトウェアのアップデート、トリム類などがリフレッシュされます。ワールドプレミアは2019年内と思われます。

(APOLLO)