アキュラ勢が僅差でキャデラックをリード。マツダはトラブル発生/IMSAデイトナ 決勝8時間後

 ル・マン24時間、スパ24時間とならび世界三大耐久レースのひとつに数えられるロレックス・デイトナ24時間の決勝レースが1月26日、定刻14時35分にスタート。12時間経過時点ではアキュラ・チーム・ペンスキーの6号車アキュラARX-05が総合首位に立っている。

 気温16.6度、路面温度20度、どんよりとした曇り空の下ドライ路面でスタート時刻を迎えた2019年のデイトナ24時間。1周のフォーメーションラップ後に長い戦いの火蓋が切って落とされると、26年ぶりにトラックレコードを更新してポールポジションを獲得したマツダチーム・ヨーストの77号車マツダRT24-Pがレース最序盤をリードしていく。
 
 77号車マツダを駆るジャービスはスタート後約30分に渡って首位を走ると先頭でピットイン。しかし直後のアウトラップで、総合3番手から2番手に順位を上げていたファン・パブロ・モントーヤが搭乗するアキュラ・チーム・ペンスキーの6号車アキュラARX-05に先行を許してしまう。
 
 その後、3時間目を迎える直前に今レース2回目のセーフティカー(SC)が導入されると、DPiの各車がピットイン。ここで77号車マツダがトップの座を6号車アキュラから奪い返した。
 
 その後方ではリスタート時に7号車アキュラのエリオ・カストロネベスが、僚友6号車アキュラとウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.Rを交わして2番手に浮上する。
 
 しかし、このスティントでもっとも存在感を示したのはコニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rのフェルナンド・アロンソだ。5番手で10号車キャデラックのステアリングを受け継いだアロンソはスティント序盤に、先行する6号車アキュラ、31号車キャデラックを相次いで攻略。
 
 続いてインディカーチャンピオンの背後に迫ると、インフィールドからバスストップシケインにかけてのバンクで並びかけブレーキングで一気に前へ。さらに首位を走る77号車マツダをターン1で交わしてトップに躍り出たアロンソは、そのまま好ペースを維持して3度目のSC導入までに後続へ17秒の大差をつけてみせた。

 そんな大活躍のアロンソから初出場の小林可夢偉にバトンをつないだ10号車キャデラックはその後、約4時間30分に渡ってレースをリードする。7時間過ぎには6号車アキュラを駆るモントーヤに迫られる場面もみられたが、可夢偉がこの攻防を制している。

■マツダチーム・ヨーストに激震。2台がほぼ同時にストップ

マツダチーム・ヨーストの55号車マツダRT24-Pと、コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rの10号車キャデラック
マツダチーム・ヨーストの55号車マツダRT24-Pと、コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rの10号車キャデラック

 そんななか、8時間経過時点で総合トップに立っているのはデイン・キャメロン駆る6号車アキュラだ。直前まで首位を走っていた10号車キャデラックは他陣営よりもピットタイミングを遅らせており、直近のルーティンピットインで暫定トップから4番手に順位を落とした。
 
 総合2番手はフェリペ・ナッセが駆る31号車キャデラック、3番手に7号車アキュラが僅差で続き、10号車キャデラックが4番手、5番手にはコア・オートスポーツの54号車ニッサンDPiがつけている。
 
 一方、活躍が期待されたマツダ勢はスタートから6時間40分後に55号車にトラブルが発生してしまう。また、それから4分後には3番手を走行中だった77号車のテールパイプから炎が上がり、バスストップシケインでストップ。
 
 燃料漏れのトラブルに見舞われた55号車マツダはガレージでの作業後3周遅れでコースに戻ったが、77号車マツダについてはターボのトラブルで無念のリタイアとなった。

 LMP2クラスはドラゴンスピードの18号車オレカ07・ギブソンが、後続に1周差をつけてクラストップを快走。クラス2番手も同チームの81号車がつけドラゴンスピードがワン・ツーを形成している。

 GTLMクラスはリシ・コンペティツィオーネの62号車フェラーリ488 GTEが首位に。ポールスタートのポルシェGTチーム、911号車ポルシェ911 RSRがこれに続き、3番手にはBMWチームRLLの25号車BMW M8 GTEがつける。
 
 GTDクラスではメルセデスAMG・チーム・ライリー・モータースポーツの33号車メルセデスAMG GT3を先頭に、マイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3、チーム・モンタプラスト・バイ・ランドの29号車アウディR8 LMSというトップ3オーダーになっている。

ターボトラブルに見舞われエキゾーストパイプから炎を上げる77号車マツダRT24-P
ターボトラブルに見舞われエキゾーストパイプから炎を上げる77号車マツダRT24-P