【ポルシェ図鑑】「ポルシェ 804 F1(1962)」空冷エンジンで優勝した史上唯一のF1マシン。

【ポルシェ図鑑】「ポルシェ 804 F1(1962)」空冷エンジンで優勝した史上唯一のF1マシン。

1962  Porsche 804 F1

空冷水平対向8気筒エンジンを開発。

1961年からスタートした1.5リッター規定に合わせポルシェ社内で独自に開発された、当時としても異色の空冷水平対向8気筒エンジンを搭載するF1マシン。

ポルシェでは1957年からセンターコクピットに改造した718RSKで、1.5リッターで争われていたF2選手権に挑戦。数度の優勝を飾るなど結果を残していたが、1961年からF1が1.5リッターとなりF2選手権自体が消滅したことで、活動の場を失うこととなった。

ところが新しいF1とそれまでのF2のレギュレーションに大きな差がなかったため、彼らは718F2の空冷水平対向4気筒DOHCにクーゲルフィッシャー製の機械式インジェクションを装着した787F1を製作し、F1GPに打って出る。

しかし、肝心のフューエルインジェクションにトラブルが多発し、わずか2戦でお蔵入り。急遽キャブレター仕様の718F2を持ち出すものの、V6ディーノ・ユニットをもつフェラーリや、シーズン後半にコヴェントリー・クライマックスV8 FWMVユニットを投入したクーパーなどのライバルの敵とはなりえなかった。

スリムな鋼管スペースフレームに、ブッツィのボディ。

そこでポルシェが開発したのが、ボア66mm、ストローク54.6mmをもつ空冷水平対向8気筒DOHC“753ユニット”だ。ツインプラグの半球形燃焼室をもつシャフトドライブの4カムヘッドなど、従来のカレラ・ユニットに共通するメカニズムをもつ一方で、アルミ合金のシリンダーに硬質クロムメッキを施したクロマル・シリンダー、マグネシウム合金製のクランクケース、チタン合金製のコンロッドなど、ポルシェの持てる最新技術を惜しみなく投入。その最高出力は185ps、最大トルクは153Nmといわれた。

シャシーも718から脱却し、スリムな鋼管スペースフレームへと変更。一方のサスペンションは前後ダブルウィッシュボーン、ブレーキはポルシェ自製の4輪ディスクとオーソドックスなものとなった。またアルミ製のボディは“ブッツィ”ことフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェによるもので、合計で4台が製作されている。

悲願の初優勝を果たし、F1史上初の記録を残す。

1962年シーズンの開幕戦オランダGPから、ダン・ガーニー、ジョー・ボニエの2カー体制で参戦したポルシェ804だが、メカニカルトラブルが多発。第2戦モナコではボニエが6位入賞を果たしたものの、マシンの熟成を図るため続く第3戦ベルギーを欠場することとなった。

そして復帰戦となったルーアンでの第4戦フランスGP。予選6位からスタートしたガーニーの804は、トラブルやアクシデントで脱落する上位陣を尻目に快走し、自身にとっても、そしてポルシェにとっても悲願の初優勝を果たすことになる。それはまた、空冷エンジンを搭載したF1マシンの公式戦唯一の優勝記録にもなった。

その後7月にドイツ・ソリチュードで行われたノンタイトル戦でガーニーとボニエが1-2フィニッシュ、8月にニュルブルクリンクで行われたドイツGPでガーニーがポールポジション&3位入賞という活躍をしたものの、コンパクトなコヴェントリー・クライマックスV8 FWMVを積むモノコック・シャシーのロータス25の前では、それ以上の活躍は見込めなかった。

結局最終戦南アフリカGPに出場することなくポルシェ・ワークスはF1活動を休止。ドライバーズランキングでガーニーが5位、ボニエが14位、コンストラクターズでフェラーリの前となる5位でシーズンを終了する。その後、1980年代にマクラーレンのエンジンサプライヤーになるまでポルシェがF1に復帰することはなかった。

ポルシェ・ミュージアムに保存されているシャシーナンバー01。アルミ製のカウルを外すと、ご覧のように4つに分かれた合計75リッターの燃料タンクが現れる。これでもフレーム単体38kg、エンジンを含めた車体全体で452kgと軽量に仕上がっていたという。

現在のところ、F1GP史上最初で最後の空冷エンジン搭載車による優勝となった1962年のフランスGP。前戦ベルギーを欠場し、マシンの改良を行ったダン・ガーニーの乗る804 F1(シャシーナンバー804—02)は予選6位からスタート。アクシデントやトラブルが多発する荒れたレースの中、安定したペースで走り終盤からトップに立った。

シュトゥットガルト郊外のソリチュード・リンクと呼ばれる公道コースで1962年7月15日に開催されたF1ノンチャンピオンシップ戦で優勝したダン・ガーニーとポルシェ804。チームメイトのジョー・ボニエも2位に入り、地元で嬉しい1-2フィニッシュとなった。

普段は公道として使われているソリチュード・リンクのホームストレートでスタートを待つガーニー。自身もAAR(イーグル)というコンストラクターを立ち上げF1に参戦、1967年にはフォードGT40MkIVでル・マン優勝を飾るなど、アメリカを代表するレース人として活躍したガーニーは、2018年1月14日に86歳でこの世を去った。

【SPECIFICATION】
ポルシェ 804 F1

年式:1962年
エンジン形式:空冷水平対向8気筒DOHC
排気量:1494cc
最高出力:185hp
最高速度:270km/h

TEXT/藤原よしお(Yoshio FUJIWARA)
COOPERATION/ポルシェ ジャパン(Porsche Japan KK)