ポルシェ・718ボクスターに初設定される高性能モデル「スパイダー」が豪雪を激走

●最高出力は430馬力にアップ。公開直前の「718ボクスター スパイダー」

ポルシェ「718ボクスター」に初設定されるハイパフォーマンスモデル「718ボクスター スパイダー」のプロトタイプが、豪雪スカンジナビアでテストを開始しました。

キャッチした最新のテスト車両は、これまでのプロトタイプより修正されたフロントバンパー、赤いブレーキキャリパーを新たに装着しているほか、アグレッシブなリアディフューザーが見てとれます。ルーフは電動式ではなく、手動脱着式ファブリック・ソフトトップを採用し、軽量化を図るようです。

パワートレインには、先日公開された「718 ケイマンGT4クラブスポーツ」と共有する3.8リットル水平対向6気筒自然吸気エンジン、またはGT3から流用される4.0リットル水平対向6気筒自然吸気エンジンをデチューンしたものが搭載されます。

また最高出力は400psと思われていましたが、425psから430psまで高められる可能性もあるようです。これは先代「ケイマン スパイダー」の375psから大幅な性能アップとなります。トランスミッションは、6速MT、及びオプションでPDKが設定されるはずです。

ワールドプレミアは、3月のジュネーブモーターショーと思われますが、その前にオンラインで公開される可能性もあります。

(APOLLO)