小林可夢偉、IMSAデビュー戦デイトナ24時間は「トラフィックの処理が成功の鍵」

 1月24日に開幕した2019年ロレックス・デイトナ24時間レースに初挑戦している小林可夢偉は、同レースでもっとも重要なのはトラフィックマネジメントだと語った。

 TOYOTA GAZOO Racingの一員としてWEC世界耐久選手権を戦う可夢偉は今週末、トヨタで共闘するフェルナンド・アロンソとともにIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの強豪チーム、ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)からシリーズ開幕戦デイトナ24時間に挑む。

 ランガー・バン・デル・ザンデ、ジョーダン・テイラー、アロンソという3人のチームメイトと10号車キャデラックDPi-V.Rをシェアする可夢偉。1月上旬に行われた公式テストでは、初日2回目のセッションでいきなりトップタイムをマークするなど対応力の高さをみせ、「(デイトナのコースは)覚えるのが簡単」と語ったが、レースになれば「また違った難しさがあると思う」としている。

「(初めての)DPiカーでデイトナを走った感じは予想していたよりもずっと良かったです」と可夢偉。

「デイトナのサーキットはあまりコーナー数がないので、覚えるのはそれほど難しくありません。しかし、この24時間レースを戦う上では“トラフィックをどのように処理していくか”をもっと学ばなくてはならない。これが僕がもっとも必要なことだと思います」

 WECでは圧倒的な加速力を誇るハイブリッドマシンをドライブする可夢偉にとって、やはりノンハイブリッドのDPiカーでGTマシンをオーバーテイクするのは勝手が違うようだ。

「やりがいはとてもありますね。速度域もいい感じです」

「GTEカーやGT3カーを追い越すとき、彼らと僕らのスピードに(WECのような)大きな差はありません。それでもドライ路面ならやはりこちらが速い。一方、路面が濡れてしまうと本当に似たようなスピードになってしまいます」

「オーバーテイク自体はそれほど難しいありません。しかし、どのようにレースをマネジメントしていくかを考えたときには、それは別の話だと思います」

 また、可夢偉は2018年からトヨタに加わったアロンソの存在が、5.5リッターV8エンジンで駆動するキャデラックDPiに慣れるのを助けたと付け加えた。

 可夢偉とアロンソは、このデイトナで初めて同じマシンをシェアしているが、WECのテストでは7号車トヨタTS050ハイブリッドと8号車トヨタのデータを共有しているという。
 
「すでに知っているかと思いますが、僕たちはお互いをよく知っているので、アロンソのドライビングスタイルや僕のスタイルについて、互いにチームに助言することが可能なんです」

「データ比較などの点では、僕たちふたりが一緒に経験してきたことを基にすれば、とても簡単にそれを実行できると思います」

■「WTRは勝つチャンスがある」と可夢偉

 可夢偉はまた、IMSAのレースをよく知る、チームのレギュラードライバーペアとトヨタLMP1ドライバーのペアがタッグを組む強力なラインアップは、優勝する大きなチャンスがあると信じている。

「確かに難しいことには違いないでしょうが、勝つチャンスはあります」と述べた可夢偉。

「ドライバーのラインアップは非常に強力で、チームはここ数年で良い経験を積んできました」

「僕たちにはチャンスがあると思います。だからこそ、私たちはできるだけ多くの仕事をこなし、(勝利に向けて)最大限の努力をしています」

「しかし、24時間レースでは何が起こっても不思議ではないので、つねに状況に備えておく必要があります」

 コニカミノルタがサポートするウェイン・テイラー・レーシングは2017年にキャデラックDPi-V.Rでデイトナを制している。2018年最終戦プチ・ル・マンからの連勝
と2年ぶりのデイトナ優勝を果たすことができるのか、注目のレースは26日14時35分(日本時間27日4時35分)にスタートする。