【新車】ルノー・トゥインゴがマイナーチェンジ。よりスポーティなエクステリアに変身

●内外装を洗練させたトゥインゴがフランスで発表

ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」のマイナーチェンジがフランス本国で発表されました。

トゥインゴならではのリアエンジンによる独自のパッケージはそのままに、内外装をリフレッシュしています。前後バンパーはよりスタイリッシュになり、ヘッドライトはCシェイプ・シグネチャーのLEDタイプとなりました。

用意されるエンジンは、998ccの3気筒NAガソリンと、898ccの3気筒ガソリンターボ。NAエンジンは5速マニュアルトランスミッションのみ、ターボにはマニュアルトランスミッションと6速DCTが用意されるというのも従来通りですが、エンジンも改良されているそうです。そのため新しい燃費モードである「WLTP」に対応していますが、その数値は未公表となっています。

インテリアでは、新しい『Renault EASY CONNECT』に対応したヘッドユニットの採用が特徴。アップルCarPlayやAndroid Autoにも対応しています。もちろん、トゥインゴのチャームポイントであるキュートなコクピットの雰囲気もアップグレードされています。

本国仕様のボディサイズは全長3614mm、全幅1646mm、全高1544mm、ホイールベース2492mm。エンジンスペックはNAエンジンが最高出力54kWと48kWの2種類で、いずれも最大トルクは95Nm。ターボエンジンは最高出力68kW、最大トルク135Nmとなっています。

(山本晋也)