2019年のメルセデス・ベンツは新型コンパクト、新型SUV、新ブランド「EQ」シリーズ第1弾を日本で発表へ

●好調を維持するメルセデス・ベンツ、2019年も攻める!

2019年1月25日、メルセデス・ベンツは年頭記者会見を開き、2018年の振り返りと2019年の新型車発表、発売予定などを披露しました。

グローバル販売において、8年連続で過去最高を記録しているメルセデス・ベンツ。日本での販売も絶好調で、2018年は4年連続で輸入車の新車販売台数ナンバー1、6年連続でプレミアムブランド1位を獲得しています。

2018年の新車販売台数は6万7531台で、2017年の6万8215台から微減となっています。これは、ドイツ本国からの供給の問題やWLTCモードへの対応など、日本での登録が間に合わなかったなどの理由もあるよう。Vクラスは本国の事情で現在、ディーゼルエンジン仕様(ガソリン仕様を限定車で導入)がカタログ落ちしています。なお、受注ベースでは前年比増となったそうです。

メルセデス・ベンツが好調の理由としては、「メルセデス」というブランド力に加えて、積極的なマーケティング戦略をはじめ、正規販売店のリニューアルやカーシェア、リース、20年前から続けてきた3年間新車保証(メンテナンス)の「メルセデス・ケア」、ウェブ上であらかじめ気になるモデルの確認や商談時に確認したいポイントなどを入力できる「プレオーダー メルセデス」の展開など、インポーターの努力ももちろん大きいはず。

そして、驚くほどニッチな市場までカバーする幅広いラインナップと新車攻勢もその人気を支えています。

注目の2019年は、東京オートサロンでサプライズ出展された「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」の日本導入をはじめ、Aクラスに続く新型コンパクト、新型SUVが上陸予定。

なお、SUVラインナップでは、多くの車種のモデルチェンジが予定されているそう。さらに、電動化サブブランドである「EQ」シリーズも日本に登場します。年央にはEQCが披露される予定。また、年内には燃料電池車のGLC F-CELLも日本で発表する予定としています。

(文/写真 塚田勝弘)