【トヨタ・ハイラックス 悪路試乗】特別な操作なしでもゴリゴリ進む。世界で求められる理由がよくわかる

●ハイラックスに追加された特別仕様車は、生産国で人気のモデル!?

2017年に日本デビューした8代目のトヨタ・ハイラックス。このモデルに2018年末、特別仕様車『Z”ブラックラリーエディション”』(394万7400円)が追加されています。

今回、この実車をチェックすることができました。また、標準モデルによる悪路走破性能の体感もできましたので報告しますね。

ハイラックスは、全長:5320mm・全幅:1885mm・全高:1800mm、車重:2090kg、ホイールベース:3085mm(いずれもZ”ブラックラリーエディション”)という堂々とした体格を持った、ワールドクラスモデルです。荷台の開口幅は1380mm、前後長は1565mm。最大積載量は500kgとなります。

トラックとして大きな積載量に耐える頑丈な車体を確保すること、そして悪路での高い走破性を担保するためにボディ構造はフレーム式を採用しています。

フロントサスはダブルウィッシュボーン式、リヤはリーフスプリングを使ったリジッドサスとなります。駆動方式はトランスファーを介して前後タイヤに動力を伝えるパートタイム4WD方式が採用されました。

搭載エンジンは2.4L・4気筒ディーゼルターボの2GD-FTV型。最高出力:150ps(110kW)/3400rpm。・最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1600-2000rpmのスペックを持ちます。トランスミッションは全車6AT。

なお、特別仕様車のブラックラリーエディションでは、専用のアルミホイールが採用されました。同じく専用のタイヤはホワイトレターのワイルドな表情を持ったものです。

ちなみにこのホワイトレターは塗装したものではなく、白い素材のゴムをはめ込むことで表現できたもの。このため通常のものよりも格段に高い耐久性を持っています。

フロントグリルに関しても下方向に拡大された迫力のある造形の専用品です。これに組み合わされる形でスポーティーな専用バンパーも装着されています。さらに、前後にはブラックのオーバーフェンダーが採用され、全幅は30mm拡大されました。

 

ちなみにこのグリルやバンパー、タイヤなどは、ハイラックスの生産国・タイで『ROCCO(ロッコ)』仕様として販売されているモデルとほぼ共通となります。

実は、日本のハイラックスファンの間では、タイからこのロッコ用パーツを取り寄せて装着する人もいるほどの有名なものでした。今回、日本のディーラーでこの仕様が買えることは大きな朗報なのです。

インテリアも見てみましょう。

シートは前後2列配置となるダブルキャブとなっています。リヤシートに関しては大人が余裕を持って座ることができる空間があります。リクライニング機構こそありませんが背もたれの角度が適正で窮屈な印象はありません。頭上や足元も広々しています。

また座面部分だけを持ち上げるチップアップ機構も搭載されています。ここを持ち上げれば子供用の自転車なら横にそのまま搭載できそうです(Xグレードは一体式のチップアップ。それ以外は6対4分割式)。

ちなみに今回、インテリアをチェックしたのは別売りのTRDパーツを装着したXグレードになります。

ハイラックスのシートは全車ファブリック仕様ですが、Xとそれ以外では表皮素材とカラーリングの組み合わせが異なります。フロントシートはサイドサポートが控えめながら、しっかりと体をフィットさせてくれます。

メーターはアナログの二眼式となっています。

ただしベーシックなXグレードと上級のZグレード、そして今回の特別仕様車ブラックラリーエディションでは盤面の表示内容やデザインがそれぞれ異なります。

エアコン操作パネル右にはトランスファーのモード切り替えスイッチがあり、ここで2駆と4駆の切り替えを行います。

またその下段にはダウンヒルアシストコントロールやリヤデフロック(Z系に搭載)等の操作スイッチが備わっています。

クローズドコースでの悪路走破性能に関して報告します。

まずは大きな岩が敷かれるロックセクションに挑みます。余裕ある215mmの最低地上高と大きなサスペンションストロークによって、特別な操作をすることも、追加装備を起動させることもなく普通の感覚で走れてしまいます。

タイヤがオフロードに特化したM/T(マッドテレーン)ではなくA/T(オールテレーン)にもかかわらず。グリップ力は強大でした。

30°以上の角度があるキャンバー斜面(横傾斜)でも山側のグリップが抜けることなく、難なくクリアして行きます。

急坂の下りではDAC(ダウンヒルアシストコントロール)を作動させれば、ドライバーによるブレーキ・アクセル操作なしに微低速でしっかりとグリップを保ちながら降りて行ってくれます。

また今回は左側車輪を深い水たまりに落とし、右リヤタイヤは完全に浮いている状態からの脱出デモンストレーションもありました。

ふだんこうした光景を見慣れない者にとっては「これほとんど事故レベルじゃないの」というような状況ですが、ハイラックスは標準搭載のアクティブトラクションコントロールシステムによって、空転タイヤにはブレーキをかけ、その他タイヤには適切にトラクション分配をして難なく脱出していってしまいました。

日本では一般に使用する道路はほとんどが舗装済みで、この性能を体感できるシーンはほとんどありません。しかしこれほど高い能力を見せつけられると、ハイラックスがなぜ世界中でリスペクトされているのかがよくわかるのでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)