2017年に亡くなったMotoGP王者ニッキー・ヘイデンのゼッケンが永久欠番。アメリカズGPでセレモニー

 1月24日、ドルナスポーツは2017年5月にトレーニング中の交通事故でこの世を去った2006年のMotoGPチャンピオン、ニッキー・ヘイデンが愛用していたゼッケン69番が、永久欠番になることを発表。同時に、2019年MotoGP第3戦アメリカズGPで欠番のセレモニーが行なわれることも発表された。

 ヘイデンは2003年にホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダチームから最高峰クラスにデビュー。そしてホンダRC211Vのラストイヤーとなった2006年にMotoGPチャンピオンに輝いた。

2006年シーズンのMotoGPを戦ったニッキー・ヘイデンとホンダRC211V
2006年シーズンのMotoGPを戦ったニッキー・ヘイデンとホンダRC211V

 母国アメリカでレース活動を始めたころより、ヘイデンはゼッケン69番をつけたマシンを駆って戦っていた。

 ゼッケン69が欠番になることに対し、ニッキーの父、アール・ヘイデン氏は「ニッキーにとって、オースティンでゼッケン69が欠番になることは大変名誉なことだ」と次のようにコメントしている。

「アメリカのレースで欠番となることは、ニッキーにとっては大きな意味がある。個人的には、これは大変特別なイベントとなるだろう」

「ゼッケン69は私が現役時代に使用し、ニッキーが常にゼッケン69をバイクに貼って走っていたことを誇りに思っていた。家族全員を代表して、困難な時期に私たちをサポートしてくれたこととともに、これほど特別にニッキーのことを称えてくれるドルナに感謝する」

 欠番のセレモニーが開催される第3戦アメリカズGPは、4月12日から開催される。