スズキ、新型『ワゴンR』をインドで発売。新プラットフォーム採用で初のAセグメントに

2019年1月23日
プレスリリース

スズキ、インドでAセグメントの新型『ワゴンR』を発売

 スズキ株式会社のインド子会社マルチ・スズキ社は、小型乗用車『ワゴンR』を全面改良して1月23日より販売開始した。

 インド製として3代目となる新型『ワゴンR』は、新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を新たに採用し、インドのワゴンRとして初めてAセグメントの専用ボディーを開発した。
 
 従来モデル比で全幅を145mm拡大し、力強く安定感のあるデザインに刷新することで、ワゴンRの特長である広い室内空間を実現した。
 
 エンジンは定評のある1.0リットルガソリンエンジンに加え、よりパワフルな1.2リットルガソリンエンジンを新たに設定した。軽量・高剛性の車体との組み合わせにより、安全性を高めながら優れた低燃費と快適な走行性能を実現した。

 スズキが1999年にインド市場へ投入した『ワゴンR』は、当社が得意とする小型エントリーカーの主力モデルとしてお客さまから高い評価をいただき、これまで累計で約220万台※を販売した。生産はマネサール工場で行われ、マルチ・スズキ社のアリーナ店を通じて販売する。

※2018年12月末現在。スズキ調べ

3■新型『ワゴンR』の主要諸元

車両寸法:全長3655mm×全幅1620mm×全高1675mm
エンジン:1.0Lガソリン/1.2Lガソリン

(ご参考)ワゴンRのインド国内販売実績(2018年1~12月)152,020台