WRC招致応援団がラリーに興味を持つきっかけになったのは、あの伝説の漫画だった!【東京オートサロン2019】

●モータースポーツ関連も盛りだくさんだった東京オートサロン2019

2019年1月11日(金)~13日(日)に幕張メッセで行われた「東京オートサロン2019」に行ってきました。

「東京オートサロン」は、1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌の初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタートしました。

昨年に引き続き幕張メッセ1~11ホール、そしてイベントホールも使用し、3日間の合計入場者数はなんと33万666人と過去最高! 東京オートサロン史上最大規模の、世界最大級のカスタムカーイベントとなりました。

「オートサロン」といえば目を見張るようなカスタムカーが多数展示され、モータースポーツファンには少し近づきにくい印象でした。

しかし最近では国内レースの体制発表会や、ドライバートークショー、F1、WEC(世界耐久選手権)、スーパーGTなどのレース参戦車両も展示されており、モータースポーツファンも楽しめるイベントになってきているんです!

 

【 WRC PARKって?】

数あるブースの中で私的に胸熱だったのが、国際会議場にあった「WRC(世界ラリー選手権) PARK」。

こちらは2020年シーズンのWRC日本開催を目指し、WRC招致準備委員会と開催予定地周辺の自治体がタッグを組んで完成したブースで、エリア内の特設ステージではスペシャルゲストによるトークショーが行われました。

遡ること一年前。ちょうど昨年のオートサロンでWRC日本ラウンド復活のため、WRC招致準備委員会の発足が発表されましたが、その努力は実らず2019年の開催は叶いませんでした(涙)。

しかし、WRC日本ラウンド開催を諦めたわけではありません! 金曜日にはラリー・ジャパン運営事務局長 高橋浩司氏によるプレスカンファレンスが行われ、2020年開催に向けての意気込みが語られました。

「まずは多くの期待に応えられなかったことに、お詫び申し上げます。私共も大変悔しい思いをいたしましたが、長期の目標を達成できなかったからこそ、見えたこともありました。新たな目標である2020年日本ラウンド招致を成功させるための一つのイベントとして、昨年11月に新城ラリーの場を一部お借りしまして開催地域、施設、コースの安全性などがWRC基準に達しているかをはかるための視察イベント『キャンディデートイベント』を実施いたしました。」
「FIAのオーガナイザーとしてティモ・ラウティアイネンさん、FIAセーフティーエレゲートからミシェル・ムートンさん、WRCプロモーターからオーリバー・シースラさんをはじめとする数名の担当者、それからマニュファクチャラー(自動車メーカー直営チーム)からはヒュンダイモータースポーツのチームマネージャー、アラン・ペナスさんに来ていただきました。我々の想定しているコースの一部がWRCの基準に達していないのではないか、また安全面に対してもご指摘はうけましたが、全体的に良い評価をいただくことができました。特に競技本部であるサービスパーク、SSS(スーパースペシャルステージ)、それからラリーパークを置く計画をしております愛・地球博記念公園、通称モリコロパークの施設につきましては大変高い評価をいただくことができました」

また高橋氏によると現在、新たな取り組みを行っているそうです。

「現在、招致準備委員会では2020年のWRC日本ラウンド開催に向けて新たなロードマップを作成しております。今年の秋には何らかの形でイベントを実施することも含め、現在ロードマップ全体を慎重に検討しているところでございます。2020年WRC日本ラウンドの正式な開催決定は今年の秋、おそらく10月頃になるとは思いますけれども、少しでも早く応援していただける皆さんに良い報告ができるよう我々も精一杯働きかけ活動をして参りますので、これからも引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします」

【WRC招致応援団が熱い想いを語った!】

そして、WRCをはじめとするモータースポーツの魅力を発信すべく結成された「WRC招致応援団」の皆さんによるトークショーも開催期間中毎日行われました。

初日のテーマは「WRCへの想い」。なぜ応援団になったのか、そもそもモータースポーツを知ったきっかけは何だったのかなど、熱いトークが繰り広げられました。

昨シーズン、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZレースに初参戦したフィギュアスケーターの小塚崇彦さん。現役時代からトヨタとは深い関わりがあったのだそうです。

「僕は昨年86/BRZのワンメイクレースに出場させていただきました。スケートの現役時代から所属がトヨタ自動車だったので、その関係でクルマと触れ合える機会はたくさんあったんです。そこからワンメイクレースに入っていき、モータースポーツの楽しみを見つけていきました。やっぱり自分でやってみるというのも大事ですが、スケートもそうですが何より近くで「本物」を見るというのが凄く大事だなと思いました。クルマを楽しんでもらうきっかけが日本に来るというのは素晴らしい事ですし、それが子供達の夢につながっていくと思います。地元も愛知県ですし、WRCが来てくれたら嬉しいなという想いで、この招致活動に参加させていただきました」

SKE48卒業生、梅本まどかさんは昨シーズン、CUSCOジュニアラリーチームのコ・ドライバーとしてTGR(TOYOTA GAZOO Racing)ラリーチャレンジに参戦し、8戦中6勝と素晴らしい結果を残し見事チャンピオンを獲得! ラリーならではの魅力も語ってくれました。

「SKE48在籍時、鈴鹿8耐でライブをさせていただいてモータースポーツを好きになりました。サーキットでの観戦が好きでよく行っていたのですが、ラリーの存在は一番最後に知って。サーキットとは全然違う雰囲気だったりとか、ドライバーとコ・ドライバーがいるという事を知り、コ・ドライバーって楽しそうだなって思ったんです。それをトークショーでぽろっと言ったら、『やってみない?』と声をかけていただけて。言ってみるものですね(笑)。それで昨年、入門編のTGRラリーチャレンジに出させていただき、いろいろな縁もありチャンピオンを獲ることができました。そういったきっかけで、招致応援団も務めさせていただきました。ラリーは他のカテゴリーとは違い、ライバル同士でも仲が良いんですよ。WRC日本ラウンドで、本場のドライバー達の様子を見てみたいですね」

J SPORTSのWRC中継ではメインキャスターを務め、WRC報道の顔として活躍中の栗田佳織さんは、意外なエピソードを教えてくれました。

「もともと好きだったのは『頭文字D』なんですよ。主人公の藤原拓海が乗るAE86(トヨタ・スプリンタートレノ)とか大好きで。一番好きなシーンは、高橋啓介のクルマを拓海が溝を使って抜き去るところ。86対86も、めちゃくちゃ好きですね。それでWRCの番組のオーディションを受けてみようと思ったんです。ありがたいことにメインキャスターを務めさせてもらえることになったのですが、初めて現地に行ったのが2011年のラリー・イタリア・サルディニアだったんですね。そのシェイクダウン(練習走行)の時に、まだ観戦スポットに辿りついていない途中で『クルマがきた、よけろ!』って言われて、それが現在トヨタのドライバーとして活躍しているヤリマティ・ラトバラ(当時はフォード所属)だったんです。よけたのですが身体中に小石が当たって、それでやられましたね(笑)。多分ラリー好きな人は分かってくれると思いますが、砂埃をかぶったり土をあびたりとかが、ラリーの醍醐味なんです」

金曜日は応援団の一人であるフリーアナウンサーの安東弘樹さんが他ブースでお仕事のため欠席でしたが、3人のWRCに対する想いがとにかく熱い! 3人とも熱が入りすぎて、喋る時立ち上がってしまうほどです(笑)。

残念ながら私は金曜日しか会場に行く事ができなかったのですが、きっと残り2日間も熱いトークショーが繰り広げられたことでしょう。

【歴代マシンや自治体ブースで大盛り上がり!】

 

さらに「WRC PARK」には2020年の日本開催を応援する寄せ書きメッセージボードや、豪州一周ラリー完走車のトヨペット・クラウンデラックス、1983年モンテカルロラリー仕様のニッサン240RS、オーストラリアラリー優勝のトヨタ・セリカGT-Four、1998年サンレモラリー仕様のスバル・インプレッサWRC、2001年モンテカルロラリー優勝車のミツビシ・ランサーエボリューションVIといった名車達がずらり!

 

もちろん、昨シーズン19年ぶりにマニュファクチャラーズタイトルを獲得した、トヨタ・ヤリスWRCも展示されていましたよ。スタートゲートを模したディスプレイで、「このシーンを日本で見てみたいな」と願わずにはいられなくなりました。

また、WRC日本ラウンド開催予定地周辺の自治体も出展しており、「WRC JAPANを復活させたい!」という想いがヒシヒシと伝わってきました。

来年のオートサロンでは、嬉しい報告が聞けますように!

(yuri)