【新車】インド向けの新型スズキ「ワゴンR」はボディサイズを拡幅してAセグメントに大型化

●従来型よりも全幅を145mm拡幅してAセグメントに対応した、インドのワゴンR

ワゴンRといえば、スズキの日本市場を代表する軽自動車ですが、スズキが約5割という高いシェアを誇るインドでもワゴンRが発売されています。ほかにも、スイフトをセダン化したディザイアなど、日本にはないモデルも販売されています。

スズキが1999年にインド市場へ投入したワゴンRは、同社が得意とする小型エントリーカーの主力モデルとして市場から高い評価を得ているそうで、これまで累計で約220万台を販売しました。なお、ワゴンRのインド国内販売実績(2018年1〜12月)は152,020台。生産はマネサール工場で行われ、マルチ・スズキ社のアリーナ店を通じて販売されています。

スズキは、インド向けワゴンRを全面改良して1月23日から販売開始しました。インド製として3代目となる新型「ワゴンR」は、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を新たに採用し、インドのワゴンRとして初めてAセグメントの専用ボディを開発。

従来型よりも全幅が145mm拡幅され、力強く安定感のあるデザインに刷新することで、ワゴンRの特徴である広い室内空間を実現したそうです。ボディサイズは全長3655×全幅1620×全高1675mm。
エンジンは1.0Lガソリンエンジンに加え、よりパワフルな1.2Lガソリンエンジンを新設定。

軽量、高剛性の車体との組み合わせにより、安全性を高めながら優れた低燃費と快適な走行性能が得られたそうです。

(塚田勝弘)