FIA F2:アーデンとメルセデス前線部隊HWAが協力。HWAはフォーミュラE、F3と活動範囲拡大

 アーデン・インターナショナルとHWAレースラボは、2019年のFIA F2選手権に向けてパートナーシップを結び、『BWTアーデン』としてシリーズに参戦することを明らかにした。

 F1直下のカテゴリであるFIA F2。イギリスに拠点を構えるアーデンはF2前身のGP2からシリーズに参戦している強豪で、これまでにピエール・ガスリーやダニール・クビアト、カルロス・サインツJr.といったF1ドライバーを輩出している。

 2018年シーズンは福住仁嶺とマキシミリアン・ギュンターをレギュラードライバーとして参戦した。

 そのアーデンと協力体制を構築するHWAは、メルセデスのモータースポーツ活動を担う前線部隊。DTMドイツ・ツーリングカー選手権をはじめ、2018/19年のABBフォーミュラE選手権などに参戦しているほか、2019年はF2直下のFIA F3にも参戦する。

 DTMについてはメルセデスが2018年限りで活動を終了したものの、2019年からプライベーターとしてアストンマーチンを走らせるRモータースポーツとも提携して参戦を継続する。

 アーデンのチームプリンシパル、ゲイリー・ホーナーは「HWAはエンジニアリングノウハウや知識を我々にもたらしてくれる。彼らとF2を戦うのが楽しみだ」とのコメントを発表。

 またHWAを率いるウルリッヒ・フリッツは「アーデン・インターナショナルとのパートナーシップは喜ばしいもので、我々にとって重要なステップだ」と述べている。

「スポーツ的な側面だけでなく、これまであらゆるモータースポーツ活動で培ってきた経験を披露するという側面からも重要なものなんだ」

「FIA F2選手権はコンペティティブなプラットフォームであり、(ファンに)興奮を届けられる場所でもある。このチャンピオンシップにおいて、我々は新人という立場だから、まずは可能な限りはやくいろいろなことを吸収していきたい」

「F2への参戦は我々にとって理想的なんだ。F3とフォーミュラE、そしてDTMで活動を行っており、ここにF2が加わることでより幅広い分野をカバーできるからね」

 チームが起用するドライバー2名についてはアナウンスされておらず、後日改めて発表されるものとみられる。

 2019年のF2は3月29~31日、バーレーンで開幕を迎える。