【ポルシェ図鑑】「ポルシェ718 W-RS スパイダー(1962)」F1エンジンを譲り受けた718。

【ポルシェ図鑑】「ポルシェ718 W-RS スパイダー(1962)」F1エンジンを譲り受けた718。

1962  Porsche 718 W-RS Spyder

目をつけたのは、804用のフラット8。

718 W-RSスパイダーは、804F1用空冷フラット8エンジンを搭載した718シリーズの最終進化系というべきモデルである。

1950年代後半、550から718シリーズへと進化を遂げた一連のポルシェ・ミッドシップ・レーシングスポーツは、各地で開催されるレースの1.5リッター、および2リッター以下クラスで連戦連勝を収めていた。中でも1958年のル・マン24時間レースでは1.6リッター・エンジンを搭載したジャン・ベーラ/ハンス・ヘルマン組がフェラーリ250TR58、アストンマーティンDB3Sに次ぐ総合3位でゴールしたほか、1.5リッター・エンジンを搭載したエドガー・バルト/ポール・フレール組の718RSKが4位、カレル・ゴダン・ド・ボーフォール/ヘルベルト・リンゲ組の550A RSスパイダーが5位と、大排気量車を下して上位を独占。その活躍は“ジャイアント・キラー”の名にふさわしいものであった。

この成功を足がかりに、上位クラスへの進出を企てたポルシェが目をつけたのが、F1マシン804用に開発を進めていた空冷フラット8 DOHCエンジンだった。

そこで1961年仕様の718RS61をベースに8気筒エンジンを搭載するためのシャシーの開発が並行して行われることとなる。718は1960年仕様のRS60で2200mm、RS61で2300mmと年々ホイールベースを延長していたが、8気筒仕様ではさらに35mm延長した2335mmとしたほか、トレッドもフロントを10mm、リヤを30mm拡大した1300/1280mmとするなど、ひと回り大型化。そこに被せるボディとして、アルミ製のクーペボディ(シャシーナンバー045、046)と、スパイダー・ボディ(047)の2種類が用意された(当時の車名はいずれも718RS61のまま)。

しかしながら肝心のフラット8の開発が進まず、とりあえず2リッターに拡大したフラット4DOHCを搭載したRS61スパイダー(047)が1961年4月のタルガ・フローリオでデビュー。ダン・ガーニー/ジョー・ボニエ組がフェラーリ246SPに次ぐ総合2位でフィニッシュし、シャシーポテンシャルの高さを証明してみせた。その後もル・マンを含む数々のレースに出場するが、結局1961年シーズン中に8気筒は間に合わずに終わっている。

USACのレースでは無敵。

ポルシェが満を持して8気筒エンジンを搭載した718 W-RSスパイダー(047)&718GTRクーペ(046)を投入するのは、1962年5月6日に行われた第46回タルガ・フローリオでのことだ。ミッドに搭載された1.5リッターF1用の8気筒DOHCユニットは、ボアを76mmに広げ1981.5ccへと排気量を拡大。車両重量は136kgも重くなったが、最大出力210hpで最高速度は280km/hとそのポテンシャルは大きく向上していた。

残念ながらダン・ガーニー/ジョー・ボニエのコンビで挑んだ718 W-RSスパイダーはブレーキトラブルでリタイアになったものの、地元の英雄ニーノ・ヴァッカレラとジョー・ボニエ組の718GTRクーペが総合3位、2リッター・クラスで優勝。続くニュルブルクリンク1000kmでは、グラハム・ヒル/ハンス・ヘルマン組の718 W-RSスパイダーが総合3位、2リッター以下クラスで優勝する。

しかしこの年からマニュファクチャラーズ・チャンピオンがGTクラスに与えられることとなったため、718 W-RSスパイダーはル・マンには出場せずにアメリカに送られ、USACのレースでは2リッター以下のクラスで無敵を誇る活躍をみせた。

グランドマザーと呼ばれるように・・・。

1963年になるとポルシェは再び718 W-RSスパイダーと718GTRクーペで挑戦。718 W-RSスパイダーは7位にとどまったが、地元出身のマリア・カルロ・アバテとジョー・ボニエのドライブする718GTRクーペが見事な総合優勝を飾り、前年の雪辱を果たした。

その後、ル・マンで総合8位、クラス優勝を飾った718 W-RSスパイダーは、当時興隆をみせていたヨーロッパ・ヒルクライム選手権に活動の場を移し、エドガー・バルトの手でチャンピオンを獲得。909へと続くヒルクライム・マシンの礎となった。また1961年から904が登場する1964年シーズン途中まで第一戦で活躍を続けたことから、「グランドマザー」の愛称で呼ばれるようになった。

1963年のタルガ・フローリオに出場し、見事総合優勝を飾った718GTRクーペ。地元出身のマリア・カルロ・アバテとジョー・ボニエのコンビがドライブ。ウンベルト・マリオーリとジャンカルロ・バゲッティの718 W-RSスパイダーも総合7位に食い込んでいる。

1963年のル・マン24時間での718 W-RSスパイダー。エドガー・バルトがドライブ中に右リヤホイールが脱落、押しながらピットに戻るというアクシデントに見舞われながらも、ヘルベルト・リンゲとのコンビで安定したレースを展開。総合8位、性能指数5位、熱効率指数10位を記録し、この年唯一完走したポルシェとなった。

自転車競技トゥール・ド・フランスでも「魔の山」として有名な南仏プロヴァンスにあるモン・ヴァントゥで1964年に行われたヒルクライムに出場したエドガー・バルトと718 W-RSスパイダー“グランドマザー”。このレースでも2位のロータス23 BMWを引き離して優勝を飾っている。

【SPECIFICATION】

ポルシェ 718 W-RS スパイダー

年式:1962年
エンジン形式:空冷水平対向8気筒DOHC
排気量:1981cc
最高出力:210hp
最高速度:280km/h

TEXT/藤原よしお(Yoshio FUJIWARA)
COOPERATION/ポルシェ ジャパン(Porsche Japan KK)