【TOPIC】「アストンマーティン横浜」、3月にオープン。

【TOPIC】「アストンマーティン横浜」、3月にオープン。

煌びやかなプレオープニングパーティを開催。

アストンマーティンは、2019年3月に新しい正規ディーラー「アストンマーティン横浜(神奈川県横浜市中区山下町30)」をオープンする。東京に続き、ポテンシャルの高い横浜にディーラーをオープンすることで、ブランド認知やカスタマーへのサービスの利便性がさらに向上する見込みだ。

今回、3月の正式オープンを前に横浜山下町の歴史あるスペースにおいて、現行モデルの展示などを行う、プレオープニングパーティーが開催された。
 

東京に隣接し、潜在的なカスタマーの多い横浜。

アストンマーティン ジャパン マネージングディレクターの寺嶋正一氏は横浜に新たな拠点を設けることについて次のようにコメントした。

「東京に続き、首都圏で横浜に新たにディーラーをオープンできることを心から嬉しく思っています。横浜は東京に続く大都市であり、お客様も多く、これにより皆さまとの距離がさらに縮まり、より一層お客様へのサービス向上が可能となるでしょう」
 
横浜の新拠点を運営する「グラーツ・オートモビール」の荒井賢代表取締役は、横浜が選ばれた理由を以下のように説明した。

「お客様も多く慣れ親しんだ横浜の地で、アストンマーティンの正規ディーラーをオープンさせることができ、大変嬉しく感じています。我々がこれまでに培ってきた高級車ブランドの経験をもとに、この春から世界で最も美しいラグジュアリースポーツカーであるアストンマーティンを、より多くの皆さまにご体験いただきたいと願っています」

「アストンマーティン神戸」も今春オープン予定。

今後、正式オープンまでの間は、新ショールームに隣接する「ホテルニューグランド」や、週末の大型商業施設などでの車両展示を予定している。開催日や時間等の詳細は、アストンマーティン横浜開設準備室(TEL03-5752-2200)までお問合せのこと。
 
また、西日本での新たなブランド発信拠点として、今春、新たに「アストンマーティン神戸」もオープン。ヨーロッパの雰囲気を色濃く反映する旧居留地の中心部にオープンするアストンマーティン神戸のショールームは、106年の伝統ある英国のラグジュアリースポーツカー、そしてその文化を発信する絶好の拠点となることが期待されている。