マクラーレンF1のサインツJr.、空力規則の改定を歓迎も「実際に走ってみるまでわからない」

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、F1に対する現在のネガティブな評価は、ファンがスピードやマシンのパフォーマンスといったF1本来の魅力から目を背ける要因になっていると考えている。

 過去数年間にわたり接近戦が減っていることで、F1に対する肯定的なイメージが損なわれつつある。そのためF1は、コース上でのショー的な魅力を強化するべく改革を進めている。

 2019年シーズンには、接近戦を増やしてオーバーテイクをしやすくするために、空力レギュレーションに関する改定が行われる。

 サインツJr.自身は、日曜日の決勝レースでホイール・トゥ・ホイールの激しいバトルが見られていないことや、F1のショー的側面を改善することの必要性を否定しない。しかし彼は、将来的にはF1に対するより肯定的な考え方が広がるはずだと考えている。

「2018年の開幕戦オーストラリアGPで僕らが目にしたレース展開に対して行う、ちょっとした変化になる」とサインツJr.は語った。

「F1はまだ本当に面白いレースになったとは言えないと思う。2021年に向けて、ファンにとってもドライバーにとってもより良いショーを展開できるように、そしてF1を盛り上げるために、僕たちは努力し続けていく必要があるんだ」

「今は、レース展開やマシンについて人々が少しつまらないと感じる傾向がある。だけど実は、ここ数年のF1で過去最速タイムが出ていることをみんな忘れがちだし、そもそも誰もそのことに触れていない」

「2004年のF1マシンがどれほどすごかったのかについては誰もが語るけれど、2018年にルイス・ハミルトン(メルセデス)がF1史上最速ラップでポールポジションを獲った話を誰もしていないことを、僕は少し不安に思っている」

「2019年のマシンにはいくつか良い要素があるので、僕たちはとにかくより良いレースをしていかなくてはいけない。そうすれば、ファンは何よりもその部分を評価してくれるはずだ」

 空力レギュレーションの改訂を通して2019年のレース展開がどれほど面白くなるのかについて、まだ結論は出ていない。サインツJr.はこのレギュレーション改定が最良の結果に繋がることを望んでいるが、ドライバー自身がレースで体験してみない限り、評価を下せないことだろう。

「コースで走ってみるまでは何とも言えない。だけど僕は今回の変更を歓迎するよ。より良いレースを作り出そうとしてのことだからね」

「より良いレース作りを目的として、(F1のオーナーである)リバティ・メディアとFIAがしっかりと計画し、かつ実際に良くなるというシミュレーション結果に裏付けられているならば、ひとりのF1ファンとして、ドライバーとして、僕はこの変更を歓迎する」

「もちろん慎重に進めるべきことだし、まずはテストしてみなければわからないけれど、僕は良い取り組みだと思っているよ」