問題です!昨年もっとも売れた軽自動車は何でしょう? 2018年軽自動車販売台数トップ10_後編

5位まではハイト系ワゴンが占めたが
6位以降は軽自動車のスタンダードが登場

2018年軽自動車販売台数トップ10

大好評の問題です!シリーズ第3弾、軽自動車の後編です。軽自動車は普通車に比べると、そもそもの販売台数がとても多いのです。コンパクトなのに広くて使いやすく、安全装備も充実。経済面でのメリットも大きいと、人気の理由がたくさんあります。ここでは全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の2018年1月〜12月の統計データをもとに、2018年の軽自動車販売台数トップ10を集計してみました。前編では1〜5位を紹介してきましたが、後編では続いて6〜10位までを発表します。

6位 スズキ・ワゴンR 10万8013台


6位はワゴンR。1〜6月の販売台数は6万1987台で上半期6位。7月は8446台、8月は7105台、9月は9004台、10月は7422台、11月は7283台、12月は6766台と上半期は6カ月連続で月販7位に落ち込んだが、上半期で7位のミラとの販売台数が1万台以上の差があったため、そのまま年間6位になった。

7位 ダイハツ・ミラ 10万7283台


7位はミラ。1〜6月の販売台数は5万138台と上半期7位。7月は1万1205台の月販4位、8月は8556台の月販5位、9月は1万90台、10月は9441台、11月は9154台、12月は8699台と4カ月連続で月販6位と6位ワゴンRを猛追。しかし、上半期で1万台越えの差があったために追いつけず、7位という結果となった。

8位 スズキ・アルト 7万7241台


8位はアルト。1〜6月の販売台数は4万3365台で上半期8位。7月は5878台、8月は5269台、9月は6940台、10月は5308台、11月は5883台、12月は4598台で9月の月販10位を除き、年間を通して月販8位をキープしたまま、年間も8位でゴールインした。

9位 スズキ・ハスラー 6万5291台


9位はハスラー。1〜6月の販売台数は3万2226台と上半期10位。そこから7月は5557台、8月は5003台、9月は6943台、10月は5732台として、この月に年間9位にジャンプアップ。11月は4718台、12月5112台とさらに販売台数を重ねて、N-WGNに約2000台の差を付けた年間9位という結果となった。

10位 ホンダ・N-WGN 6万3009台


10位はN-WGN。1〜6月の販売台数は3万5783台と上半期9位であったが、7月は4315台、8月は3700台と月販10位に失速。9月は7256台の月販8位に上向いたが、10月は4173台、11月は4116台、12月は3666台と3カ月連続で月販10位となり、年間順位も10位に後退。後半6カ月で一度もハスラーの販売台数を上回ることができずに10位でゴールとなった。

以上で10位まで発表しました。いかがでしたでしょうか? 皆さんの予想は当たっていましたか? やはり上位を占めるのはN-BOX、スペーシア、デイズ、タントなど各社のハイト系ワゴンでした。車内の広さが選びのポイントということなのでしょう。今後もスタイルワゴン・ドレスアップナビでは売れてるものチェックをしていきたいと思います!お楽しみに!

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]