3月2~3日開催の鈴鹿モースポフェス2019でスーパーGTデモレース開催。GT500は3社6台が参加

 3月2~3日に鈴鹿サーキットで開催される『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』のなかで、スーパーGT参戦車両によるデモレースが行われる。

 モースポフェス2019は、トヨタとホンダ、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの3社が共催するイベントで、これまで開催されてきた鈴鹿サーキットファン感謝デーが生まれ変わったもの。

 イベントではWEC世界耐久選手権を戦うトヨタTS050ハイブリッドやWRC世界ラリー選手権のトヨタ・ヤリスWRC、2019年カラーをまとったレッドブル・ホンダF1マシンの走行がアナウンスされており、ここに国内最高峰のGTレースであるスーパーGTも加わった。

 当日はレース本戦と同じくGT500クラス、GT300クラスが混走する形でデモレースが行われる。GT500については3メーカーがそれぞれ2台ずつ、計6台が登場する。

 GT300クラスの参加チームや走行時間、ステアリングを握るドライバーなどは後日、あらためてアナウンスされるとのことだ。

 このモースポフェス2019は鈴鹿サーキット公式サイトに掲載されている『特別ご招待券』を提示すれば無料で入場できる。くわしくは鈴鹿サーキットのホームページまで。

■モースポフェス2019 スーパーGTデモレース概要

<走行場所>

国際レーシングコース 東コース

<ベース車両:出場チーム名>

LEXUS LC500:LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S/LEXUS TEAM SARD
Honda NSX-GT:TEAM KUNIMITSU/Modulo Nakajima Racing
NISSAN GT-R NISMO GT500:TEAM IMPUL/KONDO RACING

※チーム名は変更になる場合がございます。
※走行時間、ドライバー、GT300出場チーム等は決定次第、公式ウェブサイトでご案内いたします。