メルセデス AMG CLA「35」vs「45」!最高出力300馬力&400馬力オーバー

●「EQブースト」ハイブリッド搭載も? AMG CLAは2本立て

メルセデスベンツのスタイリッシュ・セダン、新型「CLA」に設定されるハイパフォーマンスモデル「AMG CLA」ファミリーの「AMG 35」と「AMG 45」をダブルスクープしました。

両開発車両ともヘビーカモフラージュですが、ドアノブやバンパーの一部に発色の良いイエローカラーが見えるのが「45」です。

ノーマルなスポーツグリルを持つ「35」に対し、「45」は偽装の下にパナメリカーナグリルを装着していると見られるほか、明らかに巨大なコーナーエアインテークが見てとれます。またリアエンドでは、大径ツインエキゾーストパイプを装着する「35」に対し、「45」はクワッドエキゾーストパイプが確認できます。さらに2本の垂直ディフューザーの「35」と4本の垂直ディフューザーを持つ「45」など、違いは明白です。

「AMG CLA」に初設定となる「35」のパワートレインは、「AMGスピードシフトDCT7G」と組み合わされる直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン「M260」を搭載。最高出力306ps・最大トルク400Nmを発揮し、0-100km/h加速は4.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のハイパフォーマンスを実現します。「45」ほど派手なエクステリアでもなく、程よい過激さが特徴です。

対する「45」は、最高出力360psの現行モデルから400ps以上へと一気に向上します。「EQブースト」ハイブリッド搭載も噂されていますが、現段階では断言できません。しかし、ハイエンドモデルとなる「AMG A45 S」のハイブリッド搭載は確実視されています。

「CLA」は発表されたばかりですが、AMGバージョンは2019年秋以降の登場となりそうです。

(APOLLO)