“シェドン&ニール”のBTCC黄金タッグが豪州で復活。アウディR8 LMSをドライブへ

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権で長年チームメイトを務め、公私ともにベストパートナーとしてシリーズで数々の伝説を築いてきたマット・ニール、ゴードン・シェドンの黄金タッグが復活。2019年2月にオーストラリアのマウント・パノラマで開催されるバサースト12時間耐久レースにアウディR8 LMSで参戦することが発表された。

 ニールとシェドンは、言わずと知れたBTCCの名門チームでありホンダのファクトリーチームとして数々の実績を残してきたチーム・ダイナミクスで8年間ともに戦い、2011年から2016年の間にはホンダ・シビックを4度のチャンピオンマシンに導き、ともに3度のドライバーズチャンピオンを獲得してきた。

 しかしシェドンが2017年シーズン終了後にチームを去り、アウディ陣営のチームWRTに移籍。新天地WTCR世界ツーリングカー・カップにスイッチし、アウディRS3 LMSで戦うことを決断したことで、この黄金タッグは多くのファンに惜しまれながら解散する形となっていた。

 そのシェドンはアウディスポーツのファクトリー契約ドライバーとなったWTCR初年度に1勝を挙げランキング13位に。一方のニールは、シェドンが去った2018年には新たなミッションに取り組み、チーム・ダイナミクスがBTCCに投入した新型FK8シビック・タイプRの開発を進めながらシリーズを戦い、ドライバーズランキング9位に終わっている。

 そのふたりが2月第1週の週末にオーストラリアで再び手を組み、同じくイギリス人のピート・ストーリーとトリオを組み、アウディスポーツ・チームMPCのGT3マシン、アウディR8 LMSでプロ-アマ・クラスにエントリーすることが決まった。

チーム・ダイナミクスで8年間ともに戦い、2011年から2016年の間にはホンダ・シビックを4度のチャンピオンマシンに導いた
ゴードン・シェドンは2018年にWTCRにスイッチし、チームWRTのアウディRS3 LMSをドライブする

 シェドンは2014年と2015年にバサースト12時間を経験しており、ロータスで挑んだ初参加の年にはリタイアを喫したものの、アストンマーチン・ヴァンテージをドライブした翌年には総合23位で完走。

 ニールもマウント・パノラマで実績を残しており、1998年にはスーパー・ツーリング規定だったバサースト1000にチーム・ダイナミクス、スティーブン・リチャーズとともに参戦し、ニッサン・プリメーラで2位表彰台を獲得。V8スーパーカー規定となっていた2008年にはポール・モリス・モータースポーツのホールデン・コモドアでワイルドカード・エントリーを果たしている。

 今回、黄金タッグの再結成を実現したアウディスポーツ・チームMPCのトロイ・ラッセル代表は「本当に素晴らしい組み合わせになった。すべてが上手くいったことを心からうれしく思う」と期待の言葉を口にした。

「この3名のドライバー全員が、このマウント・パノラマを経験したことがあるのも心強い。とくにイギリスを代表するツーリングカーの名手であるニールとシェドンはその経験と蓄積を活かして、2019年のプロ-アマ・クラスで旋風を巻き起こす可能性が高いと感じている」

「我々はチームとしても総合的な強さを発揮できるよう組織の最適化を進め、アウディがこの著名なサーキットでさらなる成功の歴史を刻めるよう、全力で準備を進めていくつもりだ」

 数々のスタードライバーがゲストエントリーする2019年バサースト12時間耐久レースは、2月1~3日に開催される。

新型モデルのFK8ホンダ・シビック・タイプR初年度となったニールはBTCCランキング9位に終わった
アウディスポーツ・チームMPCは引き続きバサースト12時間に参戦。アウディR8 LMSを走らせる