ボッタス、2019年シーズンに向け充電完了。ファクトリーを訪れメルセデスF1の進展に好感触

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、イギリス・ブラックリーにあるチームのファクトリーを訪れ、新鮮で前向きな気持ちを持って2019年シーズンを始動した。

 期待外れに終わった2018年シーズンは、不運とパフォーマンス不調の双方に見舞われたため、最終的にボッタスはチームメイトのルイス・ハミルトンのサポート役という辛い役目を務めなければならなかった。そのため彼は、2019年シーズンの重要性を認識している。

 2019年のシートを獲得できず、メルセデスのリザーブドライバーとなったエステバン・オコンが後ろに控えていることもあって、29歳のボッタスは逃げ場のない場所からシーズンをスタートさせることになる。だが、数週間の休暇を取ったことで彼は元気を取り戻したようだ。

「良い休みだった。サンタクロースに会いにフィンランドへ行ったよ」とヒゲを生やし、陽気な様子のボッタスは語った。

「南米のチリとアルゼンチンにも行った。楽しい休日だったし、F1から離れていたのもよかった。新しい年に向けて完全に充電できた」

「ここに戻って来ることができて嬉しい」

「すべてが、僕が前回12月に来たときのままだ。誰もが新しいマシンのために懸命に仕事をしている。僕たちの進歩を目にするのは嬉しいね」

「もうすぐ風洞の中にあるマシンを見ることになる。シート合わせはすでにやったし、テストと2019年についてのエンジニアリングミーティングもスタッフたちとすでに行った」

 ボッタスは、期待と楽観に満ちた様子でこう話した。

「すべてのものがとてもクールだ。極秘事項については触れないけれど、1年のこの時期はいつもエキサイティングだ。新しいマシンについてのことが色々出てくるからね」

「休暇は終わった。僕たちは全員新しいシーズンのために懸命に作業をしている。僕は2019年シーズンとその展開が楽しみだ。良い感触があるよ」