ホンダがミドルクラスモデルCBR650Rを発表。新たにトラコンとアシストスリッパークラッチを搭載

 ホンダは1月21日、ミドルクラスのロードスポーツモデル『CBR650R』、ネイキッドスポーツモデル『CB650R』を発表した。両モデルとも、Honda Dreamより3月15日に発売される。

 2018年のミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA2018)でヨーロッパ向け2019年モデルとして発表されたCBR650R。従来モデルの『CBR650F』をベースに開発され、名称もCBR650Rへと変更された。

 搭載する648ccの水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンは動弁系の諸元を変更し、従来モデルよりも高回転域の出力を向上させながらも扱いやすいトルク特性との両立を実現しているという。最高出力は12000rpmで95馬力を発生させる。

 エンジンはレスポンスと吹け上がりの向上をねらい、特に中回転域から高回転域の出力特性が見直され、動弁諸元、ピストン形状、吸排気系が変更された。また、新たにアシストスリッパークラッチ、トラクションコントロールであるHondaセレクタブル・トルク・コントロール(HSTC)が採用されている。HSTCは左ハンドルのスイッチによってオン、オフの切り替えが可能だ。

 車体と足回りについてはフレームの構成部品や製法を変更するなど剛性バランスが見直され、軽量化とマスの集中化が図られている。倒立フロントフォークが新たに採用されているほか、軽量化したアルミホイールは新デザインとなった。また、フロントブレーキにはラジアルマウントキャリパーが新たに採用されている。カウリングも新デザインのコンパクトなものを装備し、灯火類はすべてLEDを備える。

 カラーリングはマットバリスティックブラックメタリックと、グランプリレッドの2色をラインアップ。メーカー希望小売価格はマットバリスティックブラックメタリックが103万6800円、グランプリレッドが106万9200円で、どちらも消費税込みの価格となっている。

ホンダCBR650R(グランプリレッド)
ホンダCBR650R(グランプリレッド)
ホンダCBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)
ホンダCBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)
ホンダCBR650Rの正面ショット
ホンダCBR650Rの正面ショット

 同日に発売されるネイキッドスポーツモデルのCB650Rも、CBR650Rと同じく『CBR650F』をベースに開発されたバイク。648ccの水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載し、スペック表で確認する限り、最高出力や最大トルク、ギヤ比についてもフルカウルモデルのCBR650Rと変わらないようだが、吸気系についてはCBR650Rと別のものを採用しているという。

 新設計のエアクリーナー、アシストスリッパークラッチやHSTCを新たに採用している面でもCBR650Rと同様だが、CB650Rのスタイリングはネオクラシックな新しいCBシリーズの一端を担うデザインとなっている。

 カラーリングはキャンディークロモスフィアレッド、グラファイトブラック、マットベータシルバーメタリックの3色。メーカー希望小売価格は96万1200円(消費税込み)となっている。

CB650R(グラファイトブラック)
CB650R(グラファイトブラック)
CB650R(キャンディークロモスフィアレッド)
CB650R(キャンディークロモスフィアレッド)
CB650R(マットベータシルバーメタリック)
CB650R(マットベータシルバーメタリック)