F1、2018年シーズンのTV視聴者数は累計17億5800人に。若年層のファンも増加

 F1のテレビやインターネットにおける視聴率は2年連続で上昇しており、2018年シーズンではTVでのユニーク視聴者数が全世界で4億9千万人を突破した。

 世界的に見ると視聴率は前年度と比較して10%増加し、ブラジル、中国、アメリカではTVでの視聴者数がスポーツカテゴリーのトップ3に入るほどになっている。

「TVの累積視聴者数は(TV視聴率ランキングをもとにすると)上位20市場では15億9千万人となり、2017年と比較すると3%増加している。成長は2年連続で続いており、全世界での累計視聴者数は17億5800万人に達した」とF1は発表している。

「モナコGPはシーズン中最高の視聴率を誇っており、(前年度比較で10%増の)1億1千万人が視聴した。またバーレーン、フランス、オーストリア、イギリス、イタリア、メキシコGPが、9千万人以上の視聴率を獲得している」

 F1のデジタル資産は大幅な増加を見せている。ソーシャルメディアではフォロワー数が53%増え、SNS上でF1が急速な成長を見せるメジャースポーツであることを証明してきた。

 またF1はYoutubeでも視聴者数を急激に増やしており、115%もの登録者数の増加は、権利者チャンネルのなかでは1位を誇るという。

 Formula1.comの“ビヨンド・ザ・グリッド”といったポッドキャスト番組や、Twitterで配信されているレース後の番組も、1400万人以上もの視聴者を魅了している。

 データ測定会社のNielsenによると、F1ファンは2018年シーズンに5億300万人から5億600万人へと増加し、このうちの2億500万人を35歳以下のファンが占めている。若い層を惹きつけたいとするF1側の努力が反映された数字だ。