リカルド、ルノーの前にマクラーレンと交渉と明かす。「魅力的なチームだが、復活に時間がかかると判断」

 ダニエル・リカルドはこのほど、ルノーF1チームとの本格交渉前にマクラーレンと何度か話し合いを持っていたことを明らかにした。一時はマクラーレン入りを有力な選択肢と考えたリカルドだが、最終的にMCL33の戦闘力のなさが決め手となって、移籍を断念したという。

「マクラーレンとは計2回、同グループの関係者とミーティングした。非常に魅力的な人たちだったよ」と、2018年末でレッドブル・レーシングを離脱したリカルドは、アメリカのレース専門誌「レーサー」のインタビューで語っている。

「個人的には、彼らのことが大いに気に入った。もちろんそれはレッドブルの人たちに比べてとか、そういうことじゃないんだけどね。話し合った時の印象が、本当に良かったんだ」

「ただこれは彼ら自身も認めるだろうけど、現状のマクラーレンにはとても優勝争いに絡む実力はなかった。そのレベルに近いうちに到達できるというのが、彼らの主張だった。でもそれはさすがに、ちょっと楽観的すぎると感じた。それでマクラーレンとの話し合いは、そこで打ち止めになったわけなんだ」

「その直後から、ルノーとの交渉が始まってね。こちらは何ていうか、最初からすごくスムーズだった。何か天の啓示のようなものを感じたんだ。『なんと言ってもルノーはワークスチームだ。そして着実に進化してきた。2年契約を結ぶと言ってるし、内容もすごくしっかりしている』。それが僕の結論だった」

 とはいえリカルドはしたたかな交渉者の一面も見せ、英デイリーエキスプレス紙によれば、ルノーから3500万ドル(約38億5000万円)もの年俸を引き出したという。これはレッドブル時代の年俸の約3倍に当たる。そのためルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、カルロス・ゴーン会長の判断を仰がざるを得ず、正式締結は予定よりずいぶん遅れたといわれる。

 リカルドは2019年、ニコ・ヒュルケンベルグと組み、レッドブルの彼の後任にはピエール・ガスリーがトロロッソから昇格した。