【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・チューニングカー部門編

●速さの追求だけじゃない、新しい道を探るチューニングカーたち

1月11〜13日に幕張メッセで開催された東京オートサロン2019。日本最大のカスタムカーイベントである東京オートサロンに集結した数多くのカスタムカーからその日本一を決める「東京国際カスタムカーコンテスト」。選考は来場者の投票から決定されます。

チューニングカー部門の最優秀賞は、RE雨宮のSONKIMLAND WEST FIELD by RE雨宮。

ベースは WEST FIELDのクラシックタイプオープンスポーツカー。そのバスタブシャーシにロータリーエンジンを搭載するのですが、配管の取り回しが芸術的。

外観の流麗さと対照的に、コクピットはかなりスパルタンな印象。

軽量コンパクト、そしてハイパワーなロータリーエンジンの特性を生かしきったスポーツカーコンセプトマシン。本来クラシカルな WEST FIELDが近未来チックに美しく仕上がっているところに新鮮な印象があります。

優秀賞にはTOPSECRETのスカイラインGT-R。第2世代GT-Rの再生プログラムをスタートさせたTOPSECRETのシンボル的存在なR32GT-Rです。

いったんボディから全てを取り外し、塗装も剥がして錆を完全除去するところからスタートする再生プログラム。当然エンジンも全てオーバーホール。完全に生まれ変わったボディがなければチューニングエンジンも生きてこない、と言うことなのだそうです。

こちらも優秀賞となったガレージアクティブのアクティブストリートワイドボディーBCNR33。

ショップオーナー自らが乗りたいR33GT-Rを作り上げたというストリート仕様。とにかく目立つのはかなり拡げられたワイドボディのオーバーフェンダー。ここにHKSのビッグタービンでパワーをつけ、R33GT-Rのカッコよさを引き出していきます。

ここに紹介したクルマのほかにも、様々な部門で最優秀賞を受賞したカスタムカーを対象に、東京国際カスタムカーコンテストグランプリがあなたの投票で決定されます。東京国際カスタムカーコンテスト グランプリ投票のページから1月20日24時まで投票受付中。

最高のカスタムカーの栄冠は何処へ。

(写真・文:松永和浩)