【DEBUT】「キャデラック XT6」、デトロイトショーでワールドプレミア!

【DEBUT】「キャデラック XT6」、デトロイトショーでワールドプレミア!

Cadillac XT6

キャデラックXT6

3列シートを備えるミドルサイズクロスオーバー。

キャデラックは現在開催中の「デトロイト・モーターショー」において、3列シートのSUV「XT6」を発表した。キャデラックにとっては「XT4」、「XT5」に続くクロスオーバーモデルであり、フルサイズSUVの「エスカーレード」と「XT5」の間を埋める1台となる。

「XT6」は3列シートを備えたミドルサイズクロスオーバー。3.6リッターV6エンジンに、9速オートマチックトランスミッションが組み合わせられ、4種類のドライビングモードを用意する。ドライビングモードを変更することで、シチュエーションに合わせてドライブを楽しむことができる。また、新開発のジョグ機能を備えた「ロータリーコントローラー」の採用により、直感的な操作も可能となった。

今回、「プレミアムラグジュアリー」と「スポーツ」という、味付けの異なるふたつのモデルをラインアップ。それぞれ味付けの異なるエクステリアとインテリアが用意されおり、ユーザーの嗜好に合わせて自由なカスタマイズを楽しむことができるという。また、「前車追従機能アダプティブクルーズコントロール」、「車線逸脱警告機能」、「自動パーキングアシスト」など、先進の安全運転支援システムも数多く採用されている。

日本市場への導入は2020年を予定。

キャデラックのスティーブ・カーライル社長は、「新型『キャデラックXT6』は、あらゆるシーンに対応するクルマを望む顧客層向けに、広さ、安全性、利便性に関する機能を圧倒的なレベルで融合しました。コンパクトSUVの頂点に君臨した『XT4』、キャデラック・ナンバー1の販売台数を誇る『XT5』、そしてキャデラックを象徴する『エスカレード』に、『XT6』が加わったことで、キャデラックの成長は飛躍的に加速するでしょう」と、新型クロスオーバーへの期待をのぞかせた。

「XT6は、すべてのシートが自宅の居心地の良い椅子を思わせる最高の仕上がりになっています。ラグジュアリーな装備をはじめ、快適性と利便性、プレミアムなサウンドや先進的なテクノロジーによって、このクルマに乗ったすべての人が、この上ない最高の体験を味わうことができるはずです」と、カーライル社長は付け加えた。

「XT6」はアメリカ・テネシー州スプリングヒル工場で製造される予定で、車両本体価格などの詳細は未定。日本での発売は2020年を予定している。

【問い合わせ】

GMジャパン・カスタマーセンター

TEL  0120-711-276

http://www.gmjapan.co.jp/