【TOPIC】マクラーレン・セナ、「LEGOスピードチャンピオン」シリーズに登場!

【TOPIC】マクラーレン・セナ、「LEGOスピードチャンピオン」シリーズに登場!

McLaren Senna LEGO Speed Champions

マクラーレン・セナ LEGOスピードチャンピオン

マクラーレンの限定スーパースポーツを手に入れるチャンス!

2017年にマクラーレン・オートモーティブがデビューさせた、限定のアルティメットシリーズ「セナ」がLEGOになって販売される。カーボンファイバーのボディパネルはプラスチックのパーツに変更され、その複雑なフォルムを再現。「LEGOスピードチャンピオン」シリーズは、実際の自動車メーカーの協力のもと、LEGOでスーパースポーツやレーシングカーを数々商品化しており、対象年齢は7歳以上となる。

実際のマクラーレン・セナは、英国サリー州ウォーキングの「マクラーレン・プロダクション・センター」において、300時間以上をかけて手作業で組み上げられる。全長15cmの「LEGOスピードチャンピオン・セナ」のパーツは219個、組み立てには300時間は必要ないという。

精巧に再現されたレーシングスーツや風洞施設

「マクラーレン・セナ LEGOスピードチャンピオン」には、本物のセナを買っても手に入れることができない風洞施設が付属品としてセットされた。最高速は340km/hに達するセナは大型リヤウイングが装着されており、250km/h走行時に800kgものダウンフォースが発生する。つまり、LEGOの世界で、セナのエアロダイナミクス開発の様子を再現することができるわけだ。

ボディカラーはビクトリーグレーにオレンジのアクセントが選ばれた。セット内容はセナ、風洞実験施設に加えて、公式パートナーであるピレリのロゴが入ったマクラーレンのレーシングスーツに身を包んだミニフィグ、交換可能なホイールセットなどが、同梱される。

価格はイギリスにおいて12.99ポンド(約1800円)、日本での販売価格は未定。以前、レゴ・スピードチャンピオン・シリーズで発売された「マクラーレンP1」と「マクラーレン720S」は、発売後すぐにソールドアウトしているため、「セナ」を手に入れたいファンは、早めにチェックした方が良さそうだ。

2019年のレゴ・スピードチャンピオン・シリーズは、「マクラーレン・セナ」以外に、「フェラーリ F40コンペティツィオーネ」、「シボレー・カマロZL1レース仕様」、「ダッジ・チャレンジャーSRTデモン&ダッジ・チャージャーR/T」、「ミニ・クーパー・ラリー&MINI・ジョン・クーパー・ワークス・バギー」が、ラインアップされている。