ダカール:ミニ使うX-raid、2015年以来の優勝狙うも一歩届かず。「一定の信頼性は発揮できた」

 第41大会となる2019年のダカールラリーにミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリーとミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギー、ミニ・オール4レーシングを合わせて計8台のワークスマシンを投入したX-raidは、ホアン・ナニ・ロマ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリー)の総合2位がベストリザルトとなった。

 2010年からミニをベースとしたラリーカーでラリーレイドを戦っているX-raid。2016年にはミニ・カントリーマンをベースとした4WDマシンとなるワークス・ラリーを、2017年にはバギータイプのワークス・バギーをダカールに投入してきた。

 2019年大会では、最新鋭マシンであるワークス・バギーのドライバーにステファン・ペテランセル、カルロス・サインツ、シリル・デプレの元プジョーワークスドライバーを起用。盤石の体制を敷いた。

 また4WDのワークス・ラリーにはダカールで優勝経験のあるナニ・ロマをはじめ、オルランド・テラノバ、ヤジード・アル-ラジ、ボリス・ガラフリックの4名を起用したほか、2017年までチームの第一線で戦ってきたミニ・オール4レーシングをヤコブ・プシュゴイスキーに託して臨んだ。

 エースチームとなるワークス・バギー勢は、2018年大会覇者のサインツが競技初日に総合2番手につける好発進をみせたが、競技3日目を走行中、コース上の溝に落ちた際にフロントサスペンションを破損。アシスタント車両の到着を待つ必要があり、総合36番手までポジションを落としてしまう。

 サインツは着実に順位を回復し、競技最終日にはステージトップタイムを刻んでみせ、総合13位で2019年大会を終えた。

 代わって陣営のペテランセルが総合3番手に浮上したが、競技8日目のステージで砂丘越えをした際の衝撃でコドライバーのデビッド・カステラが背中を負傷。検査のため病院へ向かうこととなり、リタイアを余儀なくされた。

 残るデプレはトップ10圏内にとどまり続ける粘りの走りで優勝したナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)とは2時間48分43秒差の総合5位に食い込んだ。

 4WD仕様のワークス・ラリー勢はナニ・ロマが競技2日目から全日でトップ5入りする快走で、総合4位。エースチームであるワークス・バギー勢を上回ってみせた。

 また総合4位には2017年までワークスチームの第一線を支えてきたミニ・オール4レーシングを駆ったプシュゴイスキーが入ったほか、合計で5台のミニがトップ10入りを果たしている。

■大会終盤にリタイアしたペテランセル「特に浮き沈みの激しいダカールだった」

 X-raidのチームマネージャーを務めるスヴェン・クワントは「今回のダカールもタフな戦いでミスをほとんどしなかったドライバーが勝利を掴んだ。ナッサー(アル-アティヤ)を祝福するよ」と大会を総括した。

「また同じく安定して速さを発揮したナニ・ロマもたたえたい。砂と砂丘に立ち向かうことになった今年のダカールも予想どおり厳しい戦いだった」

「何度かテクニカルトラブルに見舞われたが、トップ10に5台のマシンを送り込めたという事実を踏まえれば、我々のミニは一定の信頼性は発揮したと言えるだろう」

 コドライバーの負傷で大会リタイアをとなったペテランセルは「今年は特に浮き沈みの激しいダカールだった。それでも期間中、ミニがみせたパフォーマンスとデビッド(カステラ)の働きには感謝している」とコメントしている。

「今回、私は多くのミスを犯してしまい、結果としてかなりの時間をロスしてしまった。どうしてこんなことになったのか理由はわからないが、とにかくタフなダカールだったことは確かだ」

「何はともあれ、デビッドが軽症で済んだことは救いだ。リタイアという結果には落胆しているが、完走できたとしても優勝には到底及ばなかっただろうね」

「結果は残念だが、ポジティブな面に目を向けていきたい。チームの雰囲気は素晴らしかったし、チームメイトのカルロス(サインツ)、シリル(デプレ)ともチームスピリットを発揮できたのだから」

総合2位に入ったホアン・ナニ・ロマ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリー)
総合2位に入ったホアン・ナニ・ロマ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリー)

ヤコブ・プシュゴイスキー(ミニ・オール4レーシング)
ヤコブ・プシュゴイスキー(ミニ・オール4レーシング)
シリル・デプレ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークスバギー)
シリル・デプレ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークスバギー)
競技序盤にフロントサスペンション破損でタイムロスしたカルロス・サインツ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギー)
競技序盤にフロントサスペンション破損でタイムロスしたカルロス・サインツ(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギー)
ステファン・ペテランセルは砂丘越えの衝撃でコドライバーが負傷するアクシデント。幸いにも打撲傷で済んだ
ステファン・ペテランセルは砂丘越えの衝撃でコドライバーが負傷するアクシデント。幸いにも打撲傷で済んだ