ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】

●開発者が「何らかの形でジムニーシリーズに反映したい」と語る、ジムニーシエラ ピックアップ スタイル

ジムニーシエラをベースにボディ後半へトラックの荷台を設置した『ジムニーシエラ ピックアップ スタイル』。東京オートサロン2019で非常に注目度の高かったこのモデルについて、開発者に話を聞くことができましたのでお届けします。

答えてくれたのはスズキ 四輪デザイン部 エクステリア課 課長代理の宮澤貴司さんです。

── 開発コンセプトは何でしょうか。

「ジムニーシエラをベースに山などで思い切りDIY等を楽しんで頂く方のため、実用的な荷台をつけた車両ということになります」

── 全長が伸びているように見えますが?

「実はホイールベース自体はノーマルと変わっていないのですが、荷台部分に十分なスペースを確保するため、全長を30cm延長しています。このためフレームに関してもリヤ部分は伸ばしています」

── なるほどそれでは十分な剛性が確保できているというわけですね。ちなみにキャビン部分では、シート背面にスペースが設けられています。ここは何に使うんでしょうか。

「スペース的にはエマージェンシー用という位置づけです。荷台に積みきれなかったもの、雨に濡らしたくないようなものなどを置いておけるような場所という想定です」

── 市販の可能性はありますか。

「申し訳ないのですが、このモデルそのものを販売するという見込みは今のところございません。ただ、皆さんから頂いたご意見やご要望は、何らかの形で市販のジムニーシリーズに反映できたらな、とは考えております」

ということで現時点でこのピックアップスタイルは市販前提の流れには乗っていないようです。ただし、しっかりとフレームを延長して剛性を確保していたり、「キャリイのものを流用した」(宮澤さん)荷台部分の作りの良さを見るにつけ、現実味は非常に高そう。

これが欲しいと思った皆さんは、スズキにどしどし要望を送りましょう。

(写真・動画・文/ウナ丼)