VWのコンパクトSUV『ティグアン』が仕様変更。セーフティパッケージを標準装備に

2019年1月16日
プレスリリース

フォルクスワーゲン、コンパクトSUV『Tiguan(ティグアン)』の一部仕様変更

-高いニーズのSafetyパッケージを標準装備するなど安全性を強化-

 フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役社長:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、コンパクトSUV『ティグアン』の一部仕様変更を本日より行い、販売を開始します。
 
 エントリーグレードであるガソリン仕様のTSI Comfortlineとディーゼル仕様のTDI 4MOTION Comfortlineの2グレードでは、これまでオプション設定だった渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”やレーンキープアシストシステム“Lane Assist”など、お客様のニーズの高いSafetyパッケージを標準装備することで、さらなる安全性を図りました。

フォルクスワーゲン・ティグアン TDI 4MOTION R-Line
フォルクスワーゲン・ティグアン TDI 4MOTION R-Line

 
 また、上級グレードのTSI Highline、TSI R-Line、TDI 4MOTION Highline、TDI 4MOTION R-Lineでは、標準装備であるデジタルメータークラスター“Active Info Display”を最新世代にアップデート。これにより、画質を向上させたほか、ナビゲーション画面を全画面表示できるなど、視認性と使い勝手をより一層向上させました。
 
 この最新世代のデジタルメータークラスターは、すでにコンパクトカーの『ポロ(Polo)』にも採用済で、ユーザーから高い評価を得ています。VGJでは、今後も先進技術を搭載したコンパクトSUV『ティグアン』の名にふさわしい安全性・快適性に軸を置いた商品強化を行っていく予定です。
 
 主な仕様変更は以下のとおりです。
 
◆『Safetyパッケージ』を標準装備
対象:TSI Comfortline、TDI 4MOTION Comfortline
(Safetyパッケージの内容は以下の通りです)
・レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
・渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”
・レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”
・ハイビームアシスト
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

◆デジタルメータークラスター“Active Info Display”を最新世代にアップデート
対象:TSI Highline、TSI R-Line、TDI 4MOTION Highline、TDI 4MOTION R-Line

◆車両本体希望小売価格の改定
・Tiguan TSI Comfortline 369万9000円(税込)
・Tiguan TSI Highline 450万9000円(税込)
・Tiguan TSI R-Line 481万円(税込)
・Tiguan TDI 4MOTION Comfortline 417万9000円(税込)

※上記以外の『ティグアン(Tiguan)』シリーズ各グレードの車両本体価格・オプション価格に変更はありません。