【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・ドレスアップカー部門編

●スタイリングだけじゃない、中身も「ホンモノ」のドレスアップカーたち

1月11〜13日に幕張メッセで開催された東京オートサロン2019。日本最大のカスタムカーイベントである東京オートサロンに集結した数多くのカスタムカーからその日本一を決める「東京国際カスタムカーコンテスト」。選考は来場者の投票から決定されます。

ドレスアップカー部門の最優秀賞はNATS 日本自動車大学校のNATS RX-STANCE。マツダのコンセプトカーRX VisionにインスパイアされてRX-8から製作したカスタムカーです。

オーバーフェンダーなどにも目が行きがちですが、ハイライトはフロント部分。バルクヘッドからフロントアクスルまでを途中でぶった切って延長することによりRX Visionのラインに近づけたと言う力作。

ボンネットの中を見ればその苦労が偲ばれますが、ボンネットやフェンダーの造形によりボンネットを閉めた状態では最初からこのホイールベースだったのでは?と思えてしまうほど見事な仕上がりです。

ドレスアップカー部門優秀賞にはTOYO TIRESのHOONITRUCKが選ばれています。このトラック、あのKen Blockのジムカーナシリーズ最新作に登場したトラックそのものです。

ポイントは様々にありますが、やはり一番はエンジン周り。魅せることに主眼を置いたタービンや配管などは美しいのひと言。

ボディグラフィックもモノトーンながら素晴らしい出来栄え。そしてオーバーフェンダーが迫力をいっそう深くします。

同じく優秀賞のVARIS MAGNUM OPUS R35GT-R。「VARISといえばカーボン」といいたいところですが、このGT-Rはそんなものではありません。

次世代カーボン素材といわれるフォージドカーボン、VARISではチョップドカーボンと言っていますが、この先進素材を使いまくったボンネットやエアロが最大の特徴。

これまでのカーボン素材に比べて若干重いとしながらも強度は倍以上!特にダウンフォースのかかる場所に採用するにはうってつけの素材、とのことです。

ここに紹介したクルマのほかにも、様々な部門で最優秀賞を受賞したカスタムカーを対象に、東京国際カスタムカーコンテストグランプリがあなたの投票で決定されます。東京国際カスタムカーコンテスト グランプリ投票のページから1月20日24時まで投票受付中。

最高のカスタムカーの栄冠は何処へ。

(写真・文:松永和浩)