特別仕様車『アウディA4 ブラックエレガンス』登場。シリーズ一部で仕様変更

 アウディの基幹モデルとして、Dセグメントを代表する車種となっている『アウディA4』のセダン、アバント、そして高性能版の『アウディS4』がともに一部仕様変更を受け、同時に精悍なスタイルの特別仕様車『アウディA4 35 TFSI black elegance(ブラックエレガンス)』が250台限定で用意され、1月16日より発売開始となっている。

 2016年に登場した現行の5代目『アウディA4』シリーズは、進化したモジュラープラットフォーム“MLB evo”をベースに、新世代の予防安全システムであるアウディプレセンスやバーチャルコクピットなど、最新のデジタル技術を採用したモデルとなっている。

 そのセダンとワゴンボディのアバントでともに仕様と価格の一部変更が実施され、主力グレードである“sport”では、従来の“S line”に採用されていたフロントバンパーとクロームグリルを採用。アルミホイールのデザインも一新されるなどよりスポーティな意匠にアップグレードされるとともに、リヤはベースグレードも含めテールパイプ2本出しのリヤディフューザーとの一体型デザインに変更された。

 さらに“sport”グレードのインテリアにはヌガーヌブラウンのカラーが新設定されたほか、“S line”と高性能パワートレインを採用する『アウディS4』では各オプションパッケージ内容が変更され、バーチャルコクピットやアンビエントライティングなどの人気アイテムが組み込まれた。

一部改良では、主力グレード”sport”で従来”S line”に採用されていたフロントバンパーとクロームグリルを採用
リヤはベースグレードも含めテールパイプを2本出しのリヤディフューザーと一体型に変更された
さらに”sport”グレードのインテリアにはヌガーヌブラウンのカラーが新設定された

 アウディが昨年より採用する新グレード体系の呼称により、最高出力150PSの1.4リッター直列4気筒直噴ターボ+7速Sトロニック搭載モデルは『35』に。同じく190PSの2リッターモデルは『40』、その高出力版でクワトロ・システムを組み合わせる252PS版は『45』のネーミングに整理されている。

 そのうち、『35』グレードのFF前輪駆動モデルとなるAudi A4 35 TFSI sportと Audi A4 Avant 35 TFSI sportをベースに、グロスブラックの18インチアルミホイール、マルチカラーアンビエントライティング、AGAフロアマットスポーツなどを装備した特別限定車『アウディA4 35 TFSI black elegance』を新設定。セダン、アバント各125台ずつの計250台が用意されている。

 こうした仕様変更を反映し、価格はセダン系が35 TFSIの447万円からS4の846万円に。アバント系は、同じく476万円から875万円となり、クロスオーバーモデルの『A4オールロードクワトロ』は据え置きの658万円。

 そして限定車の『アウディA4 35 TFSI black elegance』が586万円、同『アウディA4アバント 35 TFSI black elegance』が615万円となっている。

250台限定の特別仕様車『アウディA4 35 TFSI black elegance(ブラックエレガンス)』
精悍でスポーティな印象を強めるグロスブラックの18インチアルミホイールを装着
インテリアではマルチカラーアンビエントライティング、AGAフロアマットスポーツなどを装備した

Audiコミュニケーションセンター・フリーダイヤル:0120-598106