ミック・シューマッハー争奪戦でフェラーリが一歩リードか。育成ドライバー契約で合意との報道

 7度F1タイトルを獲得したミハエル・シューマッハーの息子ミックが、2019年、フェラーリのドライバー育成プログラム、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーに加わると報じられた。

 19歳のミック・シューマッハーは、2018年にヨーロピアンF3選手権でチャンピオンの座に就き、2019年にはプレマ・レーシングからFIA F2選手権に参戦することが決まっている。

 BBCは、フェラーリに近い筋から得た情報によると、ミックはフェラーリ・ドライバー・アカデミーのドライバーとしての契約を結び、2019年中にフェラーリで2回のテストを行うことも決まっていると伝えた。Sky Sportsも同様の報道を行っているが、現時点ではフェラーリからの正式な発表はなく、シューマッハー家の広報を務めるサビーネ・ケームもコメントしていない。

 以前フェラーリの関係者は、ミックをアカデミーのメンバーに加えることを前向きに考えており、交渉を行っていることを認めていた。

 メルセデスのチーム代表トト・ウォルフも、F3タイトル獲得以来、ミックへの関心を示しており、「いつか我々のところで走るかもしれないし、走らないかもしれない。だが、彼がF1で成功を収めるポテンシャルを持ったドライバーであることは間違いない」と語った。

 父のミハエル・シューマッハーは、1994年と1995年にベネトンでF1タイトルを獲得した後、2000年から2004年にフェラーリで5年連続チャンピオンとなった。2006年末でF1から退いたシューマッハーだが、2010年にメルセデスと契約してF1に復帰、3シーズンを走り、2012年末で引退した。2013年の年末にシューマッハーはスキー場での事故で頭部に重傷を負い、それ以来、療養とリハビリの生活を送っている。