【デトロイトモーターショー2019】日本じゃ買えない2.5Lエンジンを積む「S209」は限定200台(予定)

●このまま日本でも発売して欲しい、アメリカ向けの「S209」が登場

「アメリカからSTIモデルを求める声が多かったので。」

STIの平川社長が登場のきっかけをそう説明する、アメリカ専用のSシリーズがデトロイトショーで発表されましたよ。名前はS209。つまり日本では発表されていないニューカマーで、現時点ではアメリカ専用モデルです。

注目すべきポイントはふたつあって、ひとつはボディワーク。オーバーフェンダーがついていて、見るからに普通のWRX STIとは違う。この張り出しに、やる気が感じられると思いませんか。

 

それからエンジン。なんと、日本でおなじみの2.0Lではなく、2.5Lのターボエンジンを積んでいるのでした。346psという出力も、これまでの歴代のSTIモデルで最高値ですね。

ちなみに、オーバーフェンダーに収めるタイヤの幅はなんと265! なんという太さ! 専用開発したこだわりタイヤを履いています。

平川社長いわく「ワイドトレッド化も手伝って、コーナリング限界はかなり上がっています。グリップはとにかく高いですよ。」とのこと。気になるのは、日本導入がどうなるのか?ってこと。このS209をそのままということはなさそうですが……

(工藤貴宏)