移籍を決めたスーパーフォーミュラ王者、山本尚貴の転機『気付かせてくれたのはスーパーGTでした』

 東京オートサロン2019の会場で1月11日に発表されたホンダの体制発表。その中でもっとも話題を集めたカテゴリーは、やはり、ドラスティックな体制変更を行ったスーパーフォーミュラだった。2019年のホンダは、誰ひとりとして昨年と同じ環境を継続するドライバーはおらず、全員が新天地で新型車両SF19の導入初年度を戦うことになる。

 そのなかでも、とくに注目したいのは王者・山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の移籍だ。これについて山本は「昨年の夏前に僕自身で決めた」ことを明かした。

「ここ数年、自分の課題として鈴鹿以外のレースで勝てない、夏場のレースで結果を残せないという悩みがあり、それを打開するためにも何かを変える必要性を感じていた。その結論が『新しい環境(チーム)に自分の身を投じること』でした」

「だからと言って、どのチームでもいいわけではなく、やはりプロのドライバーとしては速くて強いチームがいい。それがダンディライアン。もちろん野尻(智紀)選手のスピードがあってこそではありますが、予選であれだけの速さを見せられるのはドライバーにとって魅力的。だから、そこに僕が無限で学ばせてもらったノウハウをミックスさせることで、さらに速くて強いクルマに仕上げられるんじゃないかと」

 新たな環境に身を置くことは、たしかに可能性を広げることになる。しかし、それは同時に不安をともなうもののはず。とくに山本の場合、13年から組んでいる女房役・阿部和也エンジニアに全幅の信頼を寄せていることで知られている。その点はどう考えているのか。

「チーム無限や阿部さんと離れることに不安はあります。本音を言えば、不安な気持ちのほうが大きい。正直、阿部さん以外のエンジニアと組むなんて考えられないくらいで、だからこれまで長いあいだ一緒にやってきました。ただ、長年やっているからこそ、お互いに見えなくなる部分が出てきてしまうのも事実。それを気付かせてくれたのがスーパーGTでした」

「GT500では伊与木(仁)エンジニアと組んでいますが、阿部さん以外の人だからこそ見えるもの、自分を引き出してくれるものがあることを昨年あらためて痛感したんです。阿部さんとは13年と18年にタイトルを獲った。でも過去の栄光に浸っているだけだと、そこで成長は止まってしまう。より厳しい環境に身を置くことで生み出されるエネルギーもあるはずだし、常に挑戦者の気持ちを持ち続けたい」

「あ、くれぐれも阿部さんと喧嘩別れしたわけではないですからね(笑)。きちんと話し合って、お互いの将来を見据えたときに、いったん離れることがプラスになるとふたりとも納得できました。昨年の最終戦の後、阿部さんからは『尚貴と一緒にやれてよかった』と言ってもらえたし、その言葉は本当にドライバー冥利に尽きます」

「モータースポーツは機械を使った競技だけど、操っているのは人間同士。阿部さんをはじめ、チーム無限のスタッフとレースできたことは僕にとって一生の財産。だから、昨年の最終戦はどうしても勝ちたかったし、阿部さんやチームのみんなにタイトル獲得という結果でこれまでの感謝の気持ちを示したかった。いままでのレース人生のなかで、あれほど“自分以外のヒトのため”に走ったことはなかった」

スーパーフォーミュラ2018年最終戦鈴鹿
最終戦で逆転でチャンピオンとなったTEAM MUGENの山本尚貴と長年コンビを組んだ阿部和也エンジニア

 山本の移籍は自身がより速く、強くなるための決断だったということが分かった。同時に、この移籍の影響は“山本だけ”にとどまらない。

 山本と入れ替わるかたちでダンディライアンからTEAM MUGENへと移籍する野尻智紀は、これまで決勝でのロングランペースに課題を抱えてきた。これまで模索してきたその答えは、新天地であっさり見つけられるかもしれない。同様のことは他のドライバーにも当てはまり、結果的に山本の移籍はホンダ陣営全体の底上げにつながる可能性を秘めている。

 環境の変化と言えば、戦いの場を欧州から日本へ移す福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)にも注目したい。昨年、4戦に出場した福住は、今年、山本とともに無限からダンディライアンへと移籍する。スーパーフォーミュラ経験が少ない福住は、これまでの固定観念が少ないぶん山本以上に新たな環境に柔軟に対応できる可能性はある。

 スーパーフォーミュラとGT500に参戦する牧野は、14年の4輪レースデビュー以降、毎年、チームを移りさまざまなシリーズを戦ってきた。昨年はFIA‐F2で日本人初となるレース1優勝を果たしながらもシリーズランキングは13位に低迷した。心機一転、今年は国内で戦うことになったが、その胸中にはどのような思いがあるのか。

「もちろんヨーロッパでフォーミュラを走っていたかったという思いはありますが、いまはとにかく目の前のことに集中して結果を残したい。GT500も楽しみです。昨年末のセパンテストではさまざまなタイヤを試して本当に勉強になりました。今年は年間を通しての走行距離も多くなりますし、自分にとって知識やドライビングの引き出しを増やす1年にします。F1ですか? もちろんあきらめていません!」

 スーパーフォーミュラでの連覇に向けて王者・山本を軸に据えながら大胆な体制を敷いてきたホンダ陣営。この布陣がいったいどのように機能するのか、いまから開幕が待ち遠しい。

■オートスポーツ 1月18日発売 No.1498 ホンダ体制発表の狙いとリスク 東京オートサロン特集