【東京オートサロン2019】キノクニからありそうでなかった一瞬で脱着可能なクイックリリース消化器マウントが登場!

【東京オートサロン2019】キノクニからありそうでなかった一瞬で脱着可能なクイックリリース消化器マウントが登場!

一発脱着なのに確実固定!

キノクニエンタープライズといえば、メッシュホースやフィッティングに、コア類などなど、DIY派はもとより、チューニングショップにも愛用者が多い素材屋さんだ。自作するときに「あったらいいな〜」という素材をたくさん揃えているだけに、東京オートサロンではマニアックなパーツがシレッと展示されてたりして、それを探すのが楽しみだったりするんだけど、今年も見つけて来ました!

紹介するのは発売されたてのユニバーサルクイックリリースマウントブラケット。サーキット走行ではもはや必須ともいえる消化器などを固定するためのブラケットなんだけど、脱着用ノブを引くことでカンタンにはずすことができる専用品なのだ。

こーゆーのって、固定が甘くてクラッシュしたらはずれちゃったり、逆にガッチガチに固定したら脱着に手間取ったりして、なかなかいいパーツがなかっただけに、サーキット走行を頻繁にするユーザーにとってはありがたいところ。東京オートサロンでもかなりの数が売れる人気商品となっていた!

材質はアルミで、ロールバーなどに取り付けるベースと、消化器などに取り付けるYガタパーツで構成される。価格はキットで8,500円。単品での購入も可能となっており、その場合はベースが5,500円で、Yガタパーツが3,000円だ。

ベースパーツは平面でも局面でもフィットする形状になっており、バンドやボルトで固定できるようになっている。脱着用ノブを引くことでピンが抜け、Yガタパーツがフリーになる仕組み。脱着用ノブはレッドアルマイト加工されているため、視認性もバツグンなのだ。

本格的なサーキットマシンのみならず、極限まで車高を落として燃料タンクをポイしちゃうようなマシンにもオススメなのがこちら。これを使えば安全タンクからホースを伸ばして給油口を移設できるようになるのだ。

ブースのすみに置かれつつも、異彩を放っていた汎用オーバーフェンダーコンケイブタイプ。逆反り形状と垂直につけるとフラットになる端面が特徴で、100mと70mmの2種類がラインナップされていた。