ヤマハの原付一種スクーター『Vino』に新カラー3色が登場。2月1日より発売

 ヤマハ発動機は1月15日、原付一種スクーター『Vino(ビーノ)』の2019年カラーを発表。カラーリングとグラフィックを変更した3モデルを、2月1日より発売する。

 2018年3月にモデルチェンジを果たしたビーノ。50ccの水冷4ストローク・フューエルインジェクション搭載のエンジンを採用する。発進や加速の軽快さと環境性能を両立させる、原付一種スクーターだ。

 このときは、信号待ちなどでの停車時に自動的にエンジンをストップする『アイドリングストップ・システム』や、左レバーのリヤブレーキを操作すると、フロントブレーキも制動力がかかり、バランスのよいブレーキングをサポートする『コンビブレーキ』などの機能が搭載された。

 2019年の発売モデルもこれらの装備は継続で、変更となったのはカラーリングとグラフィック。カラーリングは継続販売のマットシルバー、ブラック、ブラウンに加えて、新色のパールシャイニングイエロー、プコブルー、アーベインデニムブルーメタリックといった全6色をラインアップする。

 メーカー希望小売価格は19万9800円(消費税込み)。新登場の3色は2月1日より発売となる。なお、ビーノの製造は、本田技研工業が行うという。

ヤマハ ビーノ(パールシャイニングイエロー)
ヤマハ ビーノ(パールシャイニングイエロー)
ヤマハ ビーノ(プコブルー)
ヤマハ ビーノ(プコブルー)
ヤマハ ビーノ(アーベインデニムブルーメタリック)
ヤマハ ビーノ(アーベインデニムブルーメタリック)