問題です!昨年もっとも売れたミニバンは何でしょう?|2018年ミニバン販売登録台数トップ10_後編

姉妹車対決はアルファード、ヴォクシーが勝利
やはり全体的にはMクラスが人気でした

2018年ミニバン販売登録台数トップ10

2018年はどんなクルマが売れたのか。自販連(日本自動車販売協会連合会)の2018年1月〜12月の統計データをもとに、2018年に売れた新車ミニバンの販売登録台数トップ10を集計してみました。前編では、1位〜5位を紹介。安全装備の充実やプロパイロットの採用など魅力の多さから日産・セレナが1位を獲得しました。ここからは後編、6位〜10位の紹介です。

6位 ホンダ・ステップワゴン 5万6872台

6位はステップワゴン。1〜6月の販売登録台数は3万1436台で上半期は5位だった。しかし、7月は4381台、8月は3009台と下降。9月は5546台と持ち直したが、10月は4341台、11月は4200台、12月は3959台と低調だったため、アルファードが逆転。ノアには153台差でなんとか6位を死守した。

7位 トヨタ・ノア 5万6719台

7位はノア。1〜6月の販売登録台数は2万9722台と上半期6位であったが、7月は5167台、8月は4033台、9月は4552台、10月は4564台、11月は4798台、12月は3883台と後半6カ月でステップワゴンを猛追。しかし、わずかに追いつかず7位という結果となった。

8位 トヨタ・ヴェルファイア 4万3130台

8位はヴェルファイア。1〜6月の販売登録台数は2万2685台の上半期8位。後半5カ月も順位を推移させることなく、7月は4183台、8月は2907台、9月は2868台、10月は3788台、11月は3718台、12月は2981台と8位でゴールイン。話はそれるが、兄弟車のアルファードとの合計台数は10万1936台で、1位のセレナを超える販売登録台数となるのは驚異。

9位 トヨタ・エスクァイア 4万224台

9位はエスクァイア。1〜6月の販売登録台数は2万991台の上半期9位。そこから7月は3451台、8月は2733台、9月は3408台、10月は3498台、11月は3270台、12月は2873台と年間を通して9位をキープした。ちなみに、ヴォクシー&ノア&エスクァイア3兄弟の販売登録台数合計は18万7702台と圧倒的。

10位 ホンダ・オデッセイ 1万6670台

10位はオデッセイ。1〜6月の販売登録台数は9216台とエスクァイアの半分ではあるが、上半期では10位になる。そこから7月は1229台、8月は983台と1000台を切るが後半3カ月は持ち直し、9月は1432台、10月は1312台、11月は1344台、12月は1154台と10位でゴールとなった。

いかがでしたでしょうか。皆さんは予想と合っていましたか?予想通りというか、やはりトヨタ勢が強いですね。とくにアルファード&ヴェルファイア、ノア&ヴォクシー&エスクァイアという2つの姉妹車は、各車の販売台数を合計してしまうと1位のセレナを超えるほどの販売台数となりました。そんな中、トヨタ・シエンタ、ホンダ・フリードのコンパクトミニバン2強がともに5位以内と健闘。2019年の動向も楽しみですね。次回は2018年にもっとも売れたSUVをチェックしてみます。ぜひお楽しみに!

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]