【NEW】フェンダーの新シリーズ「アメリカン パフォーマー」登場!

【NEW】フェンダーの新シリーズ「アメリカン パフォーマー」登場!

Fender AMERICAN PERFORMER

フェンダー アメリカン パフォーマーシリーズ

リーズナブルながらも実践向きのギター&ベース。

クルマ好きに限ったことではないが、その昔、音楽を聞くだけでなく、自身で演奏してきた方も多いのではなかろうか。GENROQ Webは、そんな人たちの趣味に関しても可能な限り最新情報をお届けしたいと思っている。

そこで今回、紹介するのは、フェンダーの新製品「AMERICAN PERFORMER」シリーズ。今年のウインターNAMMショー(1月24日から開催)にて正式発表されるこの新シリーズは、アメリカはカリフォルニア州コロナ工場で作られる、正真正銘のフェンダー。しかも、アーティストからのフィードバックを取り入れて開発されているというだけに、実践的なギターやベースが揃う。

ギターのラインアップは、「ストラトキャスター」、「テレキャスター」、「ムスタング」、「ジャズマスター」の4種類、ベースは、「ジャズ・ベース」、「プレシジョンベース」、「ムスタング ベース」の3種類が用意され、メイプルネックやローズフィンガーボードなど合計で36製品を揃える。

伝統を継承しつつも新機能を搭載。

このAMERICAN PERFORMERシリーズは、伝統的なフェンダーのデザインを継承しながらも新たな要素を加えているのが特徴だ。ジャンルにとらわれないサウンドの多様性に応えるためにアルニコピックアップを採用したモデルや、シングルコイルよりパワー感が欲しいプレイヤーには嬉しいハムバッキング搭載モデルも用意(トグルスイッチにより、シングルコイルに切替え可)する。

また、チューニングマシンは、見た目こそクラシカルなものの、中身をモダンなギア比にしたことによって正確性が増しているうえ、プレイ中に狂いも生じないという!(フェンダー談)

そのほか、電気的な部分も強化され、ゲインや明瞭なサウンドを維持しながらトレブルをカットして、トーンを絞ったときでも豊かなサウンドが得られるというGREASEBUKETサーキットを搭載。ハムバッキングをコイルスプリットにするなど瞬時に出来るようプル機能も付いている。

こうした新たな特徴や魅力を備えながら、価格は14万8000円から15万9000円(税抜)と、リーズナブルな設定が嬉しい。

昨今、フェンダー社の調査によれば、ギタープレイヤーは多様化が進み、ライブやレコーディングのみならず、ソーシャルメディア上でも活躍する場が多いというだけに、このAMERICAN PERFORMERシリーズは、オフラインでも場所を選ばずに使えるよう開発されたというから実用的だ。

それだけに、若手アーティストからも好まれそうなカラーリングを揃えているのも特徴だろう。特に最近では、そのコンパクトなサイズから女性に好まれるムスタングをラインアップしているところが憎い(Charファンも)! しかもムスタングベースまでラインアップするとは・・・。

腕に覚えのある、おじさん世代にとっても手に届きやすい価格帯だけに、久々にプレイしてみるのは如何だろうか。筆者がちょっと触った限りでは、一時のフェンダーとは大違い(失礼だが)。完成度は高くなっていることを最後にお伝えしておきたい。

【問い合わせ】

フェンダーミュージック

TEL  0120-1946-60

https://shop.fender.com/ja-JP/start