オートサロン新車&新色ギャラリー(1):グッドスマイル 初音ミク AMG

 1月11〜12日、千葉県の幕張メッセで行われた東京オートサロン2019。このイベントではモータースポーツ界にとっても多くの注目を集めるマシンが展示されたが、行けなかった人のためにも、写真で大きくご紹介しておこう。まず一台目は、ファンも多いスーパーGT GT300クラス参戦のグッドスマイル 初音ミク AMGのカラーリングだ。

 スーパーGT GT300クラスに参戦するGOODSMILE RACING & Team UKYOは、2018年12月22日に2019年の体制を発表した。谷口信輝/片岡龍也のコンビ、ヨコハマタイヤ、メルセデスAMG GT3の継続使用、RSファインのメンテナンス等、体制については変更はほぼなし。唯一大きな変更と言えるのがカラーリングだ。

 チームでは毎年、『レーシングミク』と題した初音ミクのイラストをマシンに描いているが、2019年はアイドルマスターシンデレラガール等で活躍する杏仁豆腐さんによって描かれた。また、プロジェクト全体のアートディレクションは、引き続きコヤマシゲトさんが務めている。

 ファンからは大きな注目を集めた杏仁豆腐さんのイラストが、グッドスマイル 初音ミク AMGにどのように描かれるのか……!? その注目のお披露目が、1月11日に東京オートサロンの会場で行われた。前日に安藝貴範チーム代表から画像が送られてきたという片山右京監督は「カラーリングはすごくインパクトがありました。超カッコいいと思います」と満足げな笑顔を浮かべた。

 今季のカラーリングは、ホワイトとピンク、そして初音ミクの色であるエメラルドグリーンをあしらいながら、ボンネットとマシン左右に杏仁豆腐さんのレーシングミク 2019 ver.が描かれている。一方で、マシン左右やルーフにカーボン地そのままの部分やブラックがあしらわれており、「黒いところも増えていて、引き締まってますよね。カーボン地も見えていて、ミクちゃんはカワイイのに、クルマは攻撃的」と谷口が語るとおりの印象となっている。

2019年バージョンのグッドスマイル 初音ミク AMG
2019年バージョンのグッドスマイル 初音ミク AMG
2019年バージョンのグッドスマイル 初音ミク AMG
レーシングミク 2019 ver.が描かれる2019年モデルのグッドスマイル 初音ミク AMG

 そして注目のポイントは、フェンダーやマシン中央、サイドに描かれた光が流れているような模様だ。これはチームが昨年挑戦した鈴鹿10時間での最終スティントにちなんだもの。このレースでは、日本勢最上位の5位を得るべく力走を続けていたが、片岡がドライブした最終スティントで、後方からベントレー・チーム・MスポーツのコンチネンタルGT3が迫っていた。

 この力走の最中、場内実況を担当したピエール北川アナウンサーは、グランドスタンドのファンに向け、配られていたサイリウムを「グリーンにして片岡龍也を応援しよう!」と呼びかけた。その声に応え、鈴鹿のグランドスタンドはグリーンに染まった。その印象的なシーンを切り取ったものなのだ。

鈴鹿10時間でのメルセデスAMG・チーム・グッドスマイルの00号車メルセデスAMG GT3

「鈴鹿10時間の夜、片岡選手のファイナルスティントで、スタンドがグリーンのライト一色になった感動的なシーンがありました。それをクルマに描くことで、皆さんの応援と一緒に走っていることを表現しています」と安藝代表は説明する。

 また今季のカラーリングには、フラッシュを使って写真を撮ると、光る部分がグリル、サイドに採用されている。昨年TOYOTA PRIUS apr GTにも取り入れられたものだが、特徴的なのはグリル。ふだんは黒いが、フラッシュを焚くとピンク地に『GSR』の文字が浮き出る。「ナイトレースが楽しみですね……といってもスーパーGTでは無いので、ぜひレース後とかに写真を撮ってください(笑)」とのこと。

 片岡は「去年よりも存在感がありますよね。ミクちゃんが大きいですし、ライバルチームがまさかここにコツン……なんてことがあったら、ファンの皆さんも総攻撃しましょう(笑)」と笑いをとった。今季も激戦が予想されるスーパーGTだが、ドライバーふたりのスキルならば、レーシングミク 2019 ver.に傷がつくことはないだろう。

サイドのレーシングミク 2019 ver.
ルーフやマシンサイドには鈴鹿10時間のサイリウムが描かれる。
右がフラッシュあり、左がなし。グリルに『GSR』の文字が浮き出る。
レーシングミク 2019 ver.が描かれるボンネットを上面から。
フロントタイヤ後方のアウトレット内側にもサイリウムの模様が描かれる。
2019年バージョンのグッドスマイル 初音ミク AMG