ホンダ、クルーザータイプのレブルに新色を追加。レブル250は1月25日、レブル500は2月15日発売

 ホンダはクルーザーモデルの自動二輪車、『レブル250』と『レブル500』に新カラーの追加し、レブル250を1月25日に、レブル500を2月15日に発売する。

 レブルはホンダから2017年に発売されたモデルで、低いシート高と軽量さによる取り回しのよさ、低回転域でもトルクのあるエンジンなどが評価され支持を集めている。

 そんなレブルに新カラーリングが追加された。レブル250にはパールカデットグレー、マットフレスコブラウンの2色が追加され、従来色のグラファイトブラック、マットアーマードシルバーメタリックとあわせて4色に。

 レブル500にはグラファイトブラックが新登場。従来色のマットアーマードシルバーメタリックと合わせて2色が用意される。また両モデルともフレームカラーがマットブラックに変更され、クルーザータイプらしいタフさとクールなイメージが強調されている。

 価格は据え置きで、レブル250が49万8,000円(税抜)、ABS搭載モデルが54万5,000円(税抜)。ABSを標準装備しているレブル500は72万7,000円(税抜)となっている。

レブル250/パールカデットグレー
レブル250/マットフレスコブラウン