【TAS2019レポート】最新の30系後期トヨタ・アルファード&ヴェルファイアがロェンならではの存在感溢れるシルエットに|東京オートサロン2019現地情報

東京オートサロン2019現地レポート
スポーティエアロで武装した
30後期アルファード&ヴェルファイア2ショット!


ROWEN/ロェン



「ROWEN(ロェン)」ブースでは、30後期アルファード・ヴェルファイアを2台並べて展示。両車のボディキットは昨年夏のリリース直後から大きな注目を集めているアイテムだが、今回は東京オートサロンで初お披露目となる最新パーツで、さらにスタイリングをブラッシュアップしての登場となった。
フロント&リアスポイラーは、アルファード、ヴェルファイア共にハーフタイプを採用している。精巧かつシャープなラインメイクで立体感あふれるフォルムを作り出し、フルバンパーにも負けないインパクトと存在感を実現しているのが特徴だ。さらにアルファードには、横レイアウトの薄型ダクトで構成した新開発のフロントグリルをセットして、純正フェイスとは一線を画すエレガントなイメージとさらなる迫力を演出。ヴェルファイアには、アグレッシブなダクトデザインのレーシングボンネット&フロントフェンダーを組み合わせ、スポーツ感を極限までブラッシュアップした。新車コンプリートカーの価格は、30後期ヴェルファイア、アルファード共に435万円+税。かなりお得な設定になっている。

フロントスポイラーは、左右の4連LEDスポットライトと繊細なダクトデザインを絶妙にマッチング。ハーフタイプとは思えない存在感を演出している。

アルファードのフロントグリルは、オートサロンで初お披露目されたニューパーツ。細身の横型ダクトデザインを基調としたエレガントな意匠で、フェイスイメージを一新した。


ヴェルファイアに装着されたレーシングボンネットとフェンダー。大胆なダクトデザインを盛り込んだスポーティなフィニッシュで、全体の印象をブラッシュアップしている。


フロント同様にリアスポイラーもハーフタイプとなるが、アグレッシブなディフューザー形状でフルバンパー顔負けの迫力フォルムを演出。大型リアウイングとの相性も抜群だ。

問:ロェン事業部 0565-52-8555
http://rowen.co.jp

[Photos by塩谷佳史 Text by岩田一成 スタイルワゴン・ドレスアップナビ]