【TAS2019レポート】スチール製キットの本格派 くるまドットコムの新型スズキ・ジムニーカスタム|東京オートサロン2019現地情報

東京オートサロン2019現地レポート
前後バンパーはスチール製ボディアーマー
新型ジムニーを無骨に変える本格アイテム



貼りもの系でお手軽に愛車をドレスアップする「くるまドットコム」。しかし、オートサロン会場に持ち込んだ新型ジムニーは、これまでとは違ったアプローチで挑んでいる。注目なのが厳しい地形を走破できるように電動ウインチ用ベッド内蔵し、さらにアンダーガードを脱着できることで様々な環境下に対応できるフロント、リアはLEDテールランプに4インチマウント&ヒッチボール、Dリングを装着するスチール製前後バンパー。その名も“STEEl BODY ARIMOR”だ。スチール独自の存在感や無骨なスタイルが、純正や通常のバンパーとは一味違う重厚感と高級感を生み出す。また、車検対応となる10mm出幅となるオーバーフェンダーはサイドパネルまで設定したABS製。ワイルドなイメージに仕上げることができる。もちろん、これまで通り内外装手軽には貼り付けるクロームメッキパーツを豊富に用意し、上質なイメージを演出可能。オーバーフェンダーに関しては、新型ジムニー以外の車種でも、今後検討していきたいとのことなので楽しみだ!

ぱっと見は通常のショートバンパーのようだが、手で触るとその硬さを実感できる。アメリカでカスタムされるジムニーのスタイルを意識し、本格的なスチール製バンパーを開発。

サイドパネルまで設定されるABS製オーバーフェンダーキット(参考価格:7万9980円)。出幅は10mmなので車検対応となる。今後、他の車種でも開発を検討中。

フロントガラスに付着する虫を防いでくれるボンネットバグガード。専用の金具で手軽のポン付けできる。参考価格:1万5000円。

ジムニーに装着されるシートカバーは新作アイテム。その名もハニカムステッチ。背もたれ部にハニカムデザインのステッチを施すことで、欧州車のような上質なイメージに仕上がる。


問:くるまドットコム 0120-562-474
https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-kuruma7/

[Photos by中川シンジ Text by 清水 勤 スタイルワゴン・ドレスアップナビ]