トヨタ、2019年春に国内発売の新型スープラを世界初公開。豊田社長「『特別な旧友』のような存在」

 トヨタは1月14日にアメリカ・デトロイトで開幕したデトロイトモーターショーで市販モデルの新型スープラを世界初公開した。日本国内では2019年春ごろに発売される。

 この新型スープラは初代から数えて5代目に当たるモデル。先代の4代目は2002年に生産が終了しており、実に17年ぶりの復活となる。

 TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ『GR』初のグローバルモデルとなる5代目スープラは、先代から連綿と受け継がれてきた直列6気筒エンジンを積むFRレイアウトというDNAを継承。加えて、ホイールベース、トレッド、重心高という3つの基本要素にこだわり、「ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能」を実現したとのこと。

 具体的には2シーターレイアウトに割り切ったことで、ホイールベースは2470mmに。この数値はトヨタ86よりも100mm短い数字となる。ホイールベースとトレッドの比率は1.55で優れた回頭性に寄与。重心高についても86よりも低いものとなっている。

 エンジンは3リッターの直6ターボと、2リッターの直4ターボエンジンのふたつを用意。直6ターボはエンジン回転数1600rpmで最大トルク500N・mを発生させる。直4ターボについてはグレードごとにチューニングの異なるふたつのタイプが用意されている。トランスミッションは全グレード共通で8速スポーツATが用意された。

 マスターテストドライバーとして開発にも関わったトヨタ自動車の豊田章男社長は「ニュルブルクリンクでの運転訓練で長い時間を一緒に過ごしたスープラは、自分にとって『特別な旧友』のような存在です」とのコメントを発表している。

「当時、ニュルブルクリンクで他のメーカーが発売前のプロトタイプカーを走らせている中、私たちは、既に生産を終了した古いスープラでしか走ることができず、とても悔しい想いをいたしました」

「スープラ復活を待ち望んでいたのは世界中の多くのファンだけでなく、私も『スープラを復活させたい』という想いを密かに持ち続けていました。新型GRスープラは、ニュルブルクリンクで鍛えられ、生まれたクルマです。走る楽しさ以上の経験を提供できるクルマになったと、自信を持ってお伝えします」

 この新型スープラの国内発売は2019年春ごろの予定。価格については現時点ではアナウンスされなかった。なお、トヨタはこの新型スープラをベースとしたレーシングカーを2020年のスーパーGT500クラスに投じる予定だ。

新型スープラ(米国仕様))
新型スープラ(米国仕様))

新型スープラ(米国仕様))
新型スープラ(米国仕様))
新型スープラ(米国仕様))
新型スープラ(米国仕様))
新型スープラ(米国仕様))
新型スープラ(米国仕様))