問題です!昨年もっとも売れたミニバンは何でしょう?|2018年ミニバン販売登録台数トップ10_前編

e-POWERが好調なセレナが1位
10〜12月で猛追したシエンタが2位

2018年ミニバン販売登録台数トップ10

新年を迎えて2019年に突入しました。今年の新型車の動向も気になるところだけど、2018年はどんなクルマが売れたのかも気になったので、自販連(日本自動車販売協会連合会)の2018年1月〜12月の統計データをもとに、2018年に売れた新車ミニバンの販売登録台数トップ10を集計してみました。すると2018年はSUV人気が沸騰したのかと思いきや、車名ごとの販売登録台数を見てみると、ミニバンの名がチラホラ。統計データのトップ50圏内には、常に10台ほどのミニバンがランクインしているのだ。ここでは、月ごとの販売登録台数の動向をもとに、ミニバントップ10を紹介していこう。

1位 ニッサン・セレナ 9万9865台

1位はセレナ。1〜6月の販売登録台数は5万6095台と上半期1位。7月は8927台、8月は6359台、9月は9402台、10月は6409台、11月は6760台、12月は5913台として、2位のシエンタに5000台以上の差を付け、ミニバンで唯一10万台にも迫る勢いだ。ノートで好調な「e-POWER 」投入が功を奏し、見事年間王者に輝いている。

2位 トヨタ・シエンタ 9万4048台

2位はシエンタ。1〜6月の販売登録台数は4万5417台で上半期3位としながら、7月は6864台、8月は5538台、9月は7314台、10月は9840台、11月は1万47台、12月は9028台と推移。8月は落ち込んだが、9〜12月にかけて販売登録台数を急上昇させたことで、3位から逆転して2位となった。

3位 トヨタ・ヴォクシー 9万759台

3位はヴォクシー。1〜6月の販売登録台数は4万7702台、7月は7694台、8月は6305台、9月は7188台、10月は7831台とここまでは2位をキープしていたが、11月に7545台となり、この月1万台を超えたシエンタに逆転され、3位という結果になってしまった。

4位 ホンダ・フリード 8万4121台

4位はフリード。1〜6月の販売登録台数は4万3984台の上半期4位であり、7月は7016台、8月は5824台、9月は8091台、10月は6751台、11月は6577台、12月は5878台と順調に台数を増やし、4位のままゴールイン。トップ3に入るには約6000台及ばなかったが、5位には2万4000台以上の差を付けている。

5位 トヨタ・アルファード 5万8806台

5位はアルファード。1〜6月の販売登録台数は2万7407台で上半期7位であったが、7月は5306台、8月は4382台、9月は5692台、10月は5818台、11月は5601台、12月は4600台と後半6カ月平均が5200台越えと強さを見せて、順位が上昇。ステップワゴンに約2000台ほどの差を付けて5位になった。

6位から10位の発表は、後編にて!

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]