ロータス、超ド級1000馬力のEVハイパーカー「オメガ」を計画中?

●中国資本参加のロータスから価格もスペックも超ド級のスーパーカーが登場!?

ロータスがマクラーレンに匹敵するエレクトリックハイパーカーを計画していることが、Autocar誌の調べでわかりました。同誌によると、開発コードネームは「オメガ」と呼ばれ、ロータス史上最速、かつ高価なモデルとなることを予想しています。

その新型モデルは、2019年早々にもコンセプトカーの準備が整い、発表が計画されているようです。2020年に発売を予定しており、価格も超ド級の£2,000,000(約2億9千万円)と噂されます。

「オメガ」はフルEVハイパーカーで、複数の電気モーターによる全輪駆動となるようです。次世代バッテリーにより最高出力1000psを発揮し、航続は250マイル(約400km)を目指すといい、ライバルとなる「ブガッティ」「ケーニグセグ」「マクラーレン」「リマック」などのハイパーカーを超える最強モデルの誕生となるかも知れません。

現在ロータスの親会社である中国Geelyには、傘下にボルボの高性能ブランド「ポールスター」が存在しており、開発に大きく関係するようです。

ロータスは、2010年パリモーターショーで659psを発揮するスーパーカー「エスプリ コンセプト」を発表しましたが、当時オーナーだったプロトンが経営難に転落。発売は実現しなかった苦い過去があります。それから9年、巨大資本の中国Geelyにより、「エスプリ」を超えるハイパーカーが実現します。

(APOLLO)